フィリピン 外資規制変更による海外投資家への恩恵

海外からフィリピンへの投資は
リスクが伴いました。

これまでフィリピンでは外資規制
『6:4ルール』 で海外投資家は
40%の資本しか持てないという
規制がありました。

そのためフィリピン人が過半数以上の
資本を持つためトラブルが発生すると
会社を乗っ取られる可能性があり
海外投資家にとってはリスクがありました。

この問題を解決すべくドゥテルテ大統領は
外資規制を4割から5割に引き上げる
考えを明らかにしました。

もし外資規制が変更されれば
フィリピンはどのような影響をうけるのか?

これは外国人である私たちにとっても
チャンスかもしれません。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. サラリーマン大家の危険な罠

  2. Facebookの正体:一般人の洗脳法

  3. 大手メディアが情報操作する方法(原文付き)

  4. 大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

  5. ICO詐欺、不正横行:裏で仕掛けられる実験とは?

  6. メキシコ大統領選 新興左派政権になったら・・・

  7. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  8. 『陰謀論』を作った犯人がアメリカで公開されています

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 9月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 9月 02日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ