租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

財務省と国税庁は企業や富裕層に
租税回避策を指南する税理士に
仕組みの開示を義務付ける方針です。

節税ノウハウを提供する税理士や
国際税務コンサルタントは
国税の独自ノウハウを開示すれば

『商売あがったり』

逆に国税は怪しい節税行為は
すぐにわかってしまうので
サクサク徴税でき仕事が
楽チンになりそうです。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 反ユダヤ主義はやめましょう

  2. 航空業界の経営破綻がもたらす世界不況の波!

  3. 【ベーシックインカムの真実】プロレス支配推進ツール

  4. イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

  5. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  6. 財務省の海外法人税逃れ課税策の対策

  7. NYSE、ナスダックが仮想通貨に接近する意味とは?

  8. 「我々がルールだ」世界を牛耳る欧州の脱炭素戦略

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ