租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

財務省と国税庁は企業や富裕層に
租税回避策を指南する税理士に
仕組みの開示を義務付ける方針です。

節税ノウハウを提供する税理士や
国際税務コンサルタントは
国税の独自ノウハウを開示すれば

『商売あがったり』

逆に国税は怪しい節税行為は
すぐにわかってしまうので
サクサク徴税でき仕事が
楽チンになりそうです。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

  2. パナマ文書から学ぶ絶対にやってはならない教訓

  3. 「定年後に飲食店」はお勧めしません! 

  4. アゼルバイジャン紛争、ロシアはなぜアルメニアを援助しなかったのか?

  5. 少子高齢化社会に終末医療の在り方

  6. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  7. 運用大損失のヘッジファンドで今、起きている裏話

  8. 中国の爆買いバブルは崩壊?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ