『中案米の自由貿易圏』創設に隠された策略とは?

南米アルゼンチンのマクリ大統領は
「中南米を統合する必要がある」と述べ、
今後10年をめどに域内に新たな自由貿易圏を
創設する必要があるとの認識を示した。

市場の一体化を進めることで、
貿易や投資の受け入れを拡大する
狙いだそうですが、その裏には国際金融資本
による『ある』策略が隠されていました。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

  2. コロナ危機!ビットコインがゴールドに代わる資金退避先となるか?

  3. 伝統金融機関、仮想通貨への見解の変化を読み取れ!

  4. 認知症患者が日本経済を滅ぼす?

  5. 金融機関の連鎖破綻?異次元緩和の副作用

  6. ブラジル財政の非常事態宣言によるオリンピック開催危機

  7. 通貨暴落に苦しむイラン、チャンスの投資家

  8. 適正にリスクを判断して保険で損しない方法

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 26日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 27日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 28日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ