『中案米の自由貿易圏』創設に隠された策略とは?

南米アルゼンチンのマクリ大統領は
「中南米を統合する必要がある」と述べ、
今後10年をめどに域内に新たな自由貿易圏を
創設する必要があるとの認識を示した。

市場の一体化を進めることで、
貿易や投資の受け入れを拡大する
狙いだそうですが、その裏には国際金融資本
による『ある』策略が隠されていました。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ドイツ銀行破綻の新シナリオ

  2. 中国人民解放軍を手に入れた習主席の野望

  3. 「朝鮮半島非核化」から見る軍事産業の未来像

  4. 中国依存の世界経済は新型コロナで崩壊?

  5. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

  6. 南米債権、「プロレス」から見るデフォルトの方向性

  7. 本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

  8. 香港とASEANのFTA締結がもたらすアジアの将来

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 26日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 27日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 28日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ