日銀の国債引き受け『痛い』日本の行く末

「日本国債は破たんしません!」

『ヘリコプターマネー』で
日銀が無限に発行すれば日本の
財政問題のすべては解決する
という言論が目立ちます。

どう考えても『ありえない』としか言いようのない
言説がどうして受け入れられてしまうのか?

日銀による国債引き受けは
なぜ成立しないのか、横森が解説しました。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 貧困に陥る専業主婦思想

  2. トルコ軍のシリア侵攻:米露の裏にある本当のシナリオとは?

  3. 伝統金融機関、仮想通貨への見解の変化を読み取れ!

  4. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  5. 米、ミャンマー制裁の裏読み

  6. 中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

  7. 「GAFA」を使いこなせば稼ぐ人間になれる理由

  8. 日本ではなく海外で稼げ!

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 8月 20日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ