インド:税制整備を整え外資参入への期待

インド議会上院は3日、州ごとに異なる間接税を
統一する「物品サービス税」(GST)の憲法改正案を可決、
下院も近く可決し成立する見通しです。

税率が各州でばらばらだったインドが
13億人市場の統合へ動き出しました。

税率の水準などを決定する必要があるが、実現すれば
産業の効率化を通じて成長率が高まる可能性があります。

着々と外資が参入できる環境が整いつつあり
インド参入時期を見極める時期にきているようです。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 人民元国際化が立ち往生した理由

  2. 適正にリスクを判断して保険で損しない方法

  3. 東京オリンピック後に起きるもう一つの危機とは?

  4. 地銀が活用する私募投信のメリットとは? 

  5. あなたが保有していい仮想通貨の『ある』条件とは?

  6. 国税が監視強化する相続対策のタワーマンション投資

  7. 日銀の株買い6.5兆円の恐怖

  8. 史上最大に膨張した債務!信用バブル崩壊はいつくるか?

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ