インド:税制整備を整え外資参入への期待

インド議会上院は3日、州ごとに異なる間接税を
統一する「物品サービス税」(GST)の憲法改正案を可決、
下院も近く可決し成立する見通しです。

税率が各州でばらばらだったインドが
13億人市場の統合へ動き出しました。

税率の水準などを決定する必要があるが、実現すれば
産業の効率化を通じて成長率が高まる可能性があります。

着々と外資が参入できる環境が整いつつあり
インド参入時期を見極める時期にきているようです。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. TPP参加によってフィリピン経済が飛躍するワケ

  2. 合理的思考の20代若者と日本の暗い未来

  3. 仮想通貨バブルの有頂天は超要注意!

  4. あなたの資産が搾取される危険な投資信託

  5. 金利なしで過去最高の預金残高が物語る日本経済

  6. 次期CIA長官から見るトランプ政権の方向性

  7. IEAの原油月報の真相

  8. 財務省の海外法人税逃れ課税策の対策

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 8月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ