南シナ海仲裁裁判 今後の中国の行方は?

オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、
南シナ海のほぼ全域に自国の主権が
及ぶという中国の主張を
全面的に退ける判決を下しました。

この判決は無効だと反発する中国は
あの手この手で反論しますが、

意に反して『巻き込まれる』国も
存在していました。

国際社会から南シナ海の領有権を
認めないと判断された中国は
今後どうでてくるのでしょうか?

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 初心者でも失敗しない投資のリスク管理法

  2. フィリピン 外資規制変更による海外投資家への恩恵

  3. 米中武力衝突で日本崩壊リスクを想定せよ!

  4. マイニング事業に投資するSBI北尾氏のビジョン

  5. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  6. 世界で増加する企業格下げ、今年の秋は要注意!?

  7. 2020年どうなる?中国!

  8. パマナ文書に米大物政治家が含まれなかった訳

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 7月 25日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 26日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 26日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ