南シナ海仲裁裁判 今後の中国の行方は?

オランダ・ハーグの仲裁裁判所は、
南シナ海のほぼ全域に自国の主権が
及ぶという中国の主張を
全面的に退ける判決を下しました。

この判決は無効だと反発する中国は
あの手この手で反論しますが、

意に反して『巻き込まれる』国も
存在していました。

国際社会から南シナ海の領有権を
認めないと判断された中国は
今後どうでてくるのでしょうか?

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  2. 留学のススメ

  3. 中国で洪水被害!穀物価格に注意!

  4. イスラエルvsパレスチナ 聖書預言を成就する最終シナリオ?

  5. 中国、原油先物上場がもたらす世界原油価格への影響

  6. 「グーグル翻訳」で世界と仕事する方法

  7. 米大統領選の激戦4州、テキサス州に猛反論 投票無効を求める訴訟で

  8. 「フィリピン経済は崩壊寸前です」現地報告と問題点を解説!

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 7月 25日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 26日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 26日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ