質問807イギリスEU離脱は中国の狙いなのか?

イギリスのEU離脱について、以前イギリスは中国のAIIBに加盟しましたが、イギリスは此れからはアメリカよりも中国の時代と考えてこの様な行動に出たのでは?

国家を動かす闇の勢力に依って人民がそうなる様に誘導されたのでは?日本もいずれ、アメリカか中国かと決断される時が来る様な気がしますが如何でしょうか?

質問807イギリスEU離脱は中国の狙いなのか?

音声ダウンロード(MP3) [7月13日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 第419回収録 都市封鎖サバイバル法

  2. 第397回収録 中国の豚コレラ拡大は人災か?

  3. 質問1010 マイニング事業の税金対策とは?

  4. 猛毒除草剤を買収したバイエルの黒い歴史

  5. 第322回 オーストリア難民排除勝利!世界政治の流れ

  6. 質問828 世界危機にはどの通貨を持てばいいのか?

  7. 質問762 HSBC香港の海外口座は円暴落対策になるか?

  8. 質問870 トランプ大統領の敵国

コメント

  • コメント (16)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

     インドが日本の新幹線を採用して、自分のところの高速鉄道が受注できると思っていた中国を怒らせたんだから、言わずもがなですな。

     フィリピンの鉄道建設は途中で放っぽり投げ、日本が後を継ぎ、インドネシアは大盤振る舞いの大嘘がバレて、あの顛末。

     ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ高速鉄道の計画では、アメリカ側が中国との合弁を解消、中国を怒らせた。

     タイは中国と合意していた高速鉄道建設計画について、中国から借款を受けずに自己資金で、そして一部区間の工事は自国企業が行い、残りの区間については延期すると発表し、事実上、合意を白紙化にした。

     ベネズエラの高速鉄道建設は中断放棄状態のままにしていたら、現地人に今まで作ったものが全て盗まれて無残な姿。

     メキシコからは中国が入札を勝ち取った数日後に、メキシコ側から一方的にキャンセル。

     中国のいい加減な大ウソ、大盤振る舞いがバレて、世界中からキャンセルが相次いでいるんだよ。

     AIIBだって貧乏国家ばかり参加して、参加国数ばかり増えても仕方ないじゃん。金が欲しくて何とか日本を引き込もうとしているのだが、日本に喧嘩を売ってんだから無理だわな。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

    >イギリスのエリザベス女王が昨年、英国を公式訪問した習近平国家主席ら中国政府代表団について、訪問対応の総指揮にあたったロンドン警視庁の警視長に「(一行は)とても失礼だった」と発言したほか、「あなた(警視長)は運が悪かったですね」などと述べたことが中国で大きな波紋を広げている。

     あんな堂々とカメラが回って、音声も拾われているのがハッキリしているのに、あんな発言するとは、わざと中国向けにメッセージを送ったとしか思えんがな。

     あるいは中国向けではなく、世界各国に向けて「イギリスは中国の味方ではありませんよ」とメッセージを送ったかだな。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

     まあ、そもそもインドがイギリスから独立できたのは、日本軍がインド人に軍事訓練や戦法を教えて、インド国民軍を作ったからだからな。

     インド人は中国人なんかより、日本人を信用しますわ。イギリスだって、かつてはイギリス領土だったインドは英語が通じて、人口が増加して経済発展が見込めるから、インドは魅力的。

     マナーや品位を重んじるイギリスが、人を騙すことの何が悪いのかが理解できない中国なんかと、本気で組もうとは思わんわ。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

     経済倶楽部の会員さんって、本当に闇の勢力とかが大好きだよな。

     思考回路が希望の一歩手前じゃん。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

     そういえばソフトバンクがイギリスのARMを買収したわな。世界中のスマホのほとんどに、スマホの心臓部であるCPUにARM社のものが使われてんだから、今後のIoT社会ではソフトバンクは重要な会社になっていくがな。

     こういうニュースを無視して、陰謀だの、日本が中国の属国になるだの、お花畑が多すぎるわ。そんなに日本が早く滅亡して欲しいのかいな?

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

    【韓国、中国の逆鱗に触れ「AIIB」の副総裁のポストを外される】
    (まぐまぐ系ニュース 2016.07.19)

     昨年9月、西側諸国から唯一、朴槿恵大統領が北京で行われた抗日戦勝70周年記念式典に出席するなど、その蜜月ぶりが注目を集めた中韓関係ですが、ここに来て中国サイドが態度を硬化させていることが明らかになりました。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると、AIIB副総裁を務めていた韓国産業銀行会長がポストを追われ、韓国がすさまじい狼狽を見せているとのこと。中国が豹変した裏には何があるのでしょうか。

    《【韓国】中国の不機嫌にビクビクの韓国》

    ● 韓国、AIIB副総裁ポスト失う ミサイル配備決定で中国の報復との臆測も

     韓国はAIIBの創設メンバーとして副総裁のポストを獲得していましたが、就任からわずか4カ月でそれを失うことになりました。韓国産業銀行会長の洪起沢氏は今年2月、AIIBのリスク担当副総裁(CRO)に就任しましたが、6月27日に突然6カ月間の休職を申し出たとのことです。

     表向きは大宇造船企業の粉飾事件にからみ、韓国産業銀行の会長時代に同社の放漫経営を放置してきたことが問題視され、経営モラルを問われたということですが、辞任には中国の強い意向が働いたといいます。

    ● 中国インフラ銀、韓国出身の副総裁更迭か 放漫経営放置の責任?

     しかも韓国は後任の副総裁のポストも得られず、7月8日にはCROの地位は局長級に降格、そして新副総裁の座はフランスにさらわれてしまいました。韓国はAIIBに4兆ウォンも出資しているのに、中国がささいな難癖で韓国の副総裁のポストを消滅させたことは「裏切りだ」として、大騒ぎになっています。

    ● 韓経:【社説】ささいな難癖で韓国持分のAIIB副総裁を廃止した中国

     こうした中国の嫌がらせの裏側には韓国がTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)の配置を決定したことにあるとも言われています。韓国国防省と在韓米軍は7月8日、THAADの在韓米軍配備を正式に決定したと発表しました。これに対して、中国からは強い拒否反応が出ています。

    ●「韓中関係はこんなものだったのか」…THAAD配置で沸き立つ中国世論(1)

     中国の環球時報などは、「THAAD配置を積極的に推進した韓国政界要人の中国入国を制限し、彼らの家族の企業を制裁しなければならない。彼らと二度と経済関係、往来をせず、中国市場進出を認めてはならない」とまで主張しているということですから、韓国がAIIBの副総裁を失った背景にこの問題があったと考えるのは自然です。

     そもそも、中国にとっては経済にしろ企業活動にしろ「政治」なのです。「08憲章」で中国の民主化を訴えたことで逮捕され、現在も刑務所に入れられている劉暁波氏が2010年にノーベル賞を獲得したときは、ノルウェーからサケの輸入を中断しましたし、同様の嫌がらせは枚挙に暇がありません。

     結局、中国主導のAIIBに参加するということは、つねにこうした政治リスクがつきまとうということです。中国のご機嫌を損ねれば制裁措置を取られる。これは中国の夷狄に対する「懲罰」という中華思想そのものです。1979年の中越戦争にしても、中国は「懲罰」と称してベトナムに侵攻しました。

     台湾ではそうした認識があるため、AIIBには参加せず、TPP加入を検討していたわけです。

     それにしても、昨年の9月には朴槿恵大統領が西側諸国として唯一、中国の「抗日戦勝70周年記念式典」に出席したほどの蜜月ぶりでしたが、それから1年もたたずに中韓関係は一気に冷え込んでしまいました。これも中国としては韓国を属国としてしか見ていなかったことの現れです。属国風情が中国に歯向かっているから、懲罰を与えているという意識でしょう。

     中国政府からすれば、北朝鮮と韓国の忠誠心および友好度を競争させながら、「戦略的属国」にすることが国家戦略となっています。しかし北朝鮮はすでに半世紀以上の中国との「兄弟関係」の経験があるため、いかにして中国を操るかということの要領を得ています。

     しかし韓国は日米との関係を睨みながら、その一方で中国を操る能力はありません。そのため目の前の利益ばかりに気を取られ、結局は暴走してババを掴まされるということになってしまうわけです。

     現在の韓国メディアや韓国企業の狼狽ぶりはすさまじいものがあります。上記の新聞記事のように、韓国メディアは一斉にこのAIIBの副総裁ポスト消滅とTHAADへの中国の反発を伝えています。そして「あくまでTHAADは北朝鮮向けであって、中国には脅威にならないことを説明する必要がある」とも説き、中国の不興を買ったら韓国企業に大打撃となると論じています。

     加えて、オランダ・ハーグ常設仲裁裁判所でフィリピンが提訴した南シナ海領有権判決が出ましたが、これについても韓国メディアは「中国に対して中立的な立場をより一層明確にしなくては」と力説しています。

    ● あす「南シナ海判決」…もう一度試される韓国外交「米中間等距離戦略」

     韓国の「千年属国」の悲哀を目の当たりにするかのような光景です。明の時代には使節を迎える迎恩門を建てさせられ、清の時代になると明への忠誠心を見せたことで清に攻められ(丙子の役)、三田渡でホンタイジに三跪九叩頭の礼で属国となることを誓わせられ、さらに自らの過ちと清の皇帝を賛美する大清皇帝功徳碑を建立させられるなど、朝鮮半島の歴史はつねに事大によって大国に翻弄されてきたわけですが、それは現在でもまったく変わっていません。

     馬英九時代の台湾も中国と接近したことで、国内産業の空洞化と経済の疲弊を招いてしまいました。その結果、ひまわり学生運動が起こり、民進党への政権交代が起こりました。蔡英文政権において、中国との関係を見直していくことになるでしょう。

     一方で、日本としてもこれを他山の石としなくてはなりません。つい最近まで日本のメディアや企業も「AIIB参加に乗り遅れるな」と主張していたことは記憶に新しいところです。しかし日本は過去にも尖閣問題からレアアースを止められたり、中国に駐在する日本企業の社員が逮捕されるといった経験があり、チャイナリスクはよくわかっているはずです。

     先日の参議院選挙では、改憲勢力が3分の2以上の議席を獲得しました。少し前には考えられなかったことですが、中国の軍事的脅威を認識する日本人が増えてきたことの現れでしょう。

     日本の左翼勢力がいくら頑張っても、世界の大勢を読めなかったために、若者のネット世代の支持が得られなかったのも大きかったと思います。若い世代ほど自公政権に投票していたことが明らかになっています。こうなると、いずれテレビも新聞も没落せざるを得ないでしょう。

     それはともかく、今回の参院選は中国でも高い関心を示しており、中国メディアも「安倍(晋三首相)をはじめとする日本の右翼勢力は『平和憲法』の9条改正を画策し、日本の軍事化を進めようとしてきた」と警戒感を露わにしていました。中国は南シナ海での日米共同軍事行動を恐れているともされています。そして参院選は中国が恐れていた通りの結果となったわけです。

    ● 参院選 「右翼勢力が改憲と軍事化画策」警戒強める中国メディア…背景に南シナ海で米との軍事行動恐れる?

     中国の脅威がアジアで増大していくなかで、韓国ははたして対中包囲網に加わることができるのか、それとも中国と一緒に沈んでいくのか。コウモリ外交を重ねてきた朴槿恵政権ですが、そのツケとして、進んでも退いても地獄という状況が今後も続いていくことになりそうです。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

    >若者のネット世代の支持が得られなかったのも大きかったと思います。若い世代ほど自公政権に投票していたことが明らかになっています。

     安倍がアホだの、アホノミクスだの、今度の選挙で安倍も終わりだの散々主張していた層が、選挙が終わった途端に静かになったからな。(不正選挙だぁ~説は無視よ!)

     若者の多くが自民党に投票したからな。そもそも中国相手に話し合いの平和的解決なんかできるかよ。相手が勝手に攻撃してきた時に、本当に役立つのは相手をコテンパンにやっつけられる武力と、その後ろ盾の法律だぜ。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

    【中国戦艦が日本の領海を横切る挑発。なぜここまで追い込まれたのか?】
    (まぐまぐ系ニュース 2016.06.21)

     一時はアメリカを押しのけ覇権国家になるとまで言われていた中国ですが、度が過ぎる言動で多くの国を敵にまわし、唯一の頼みだった経済も崩壊寸前とささやかれています。その焦りからか「挑発行動」が止まりません。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、現在の中国の状況を分析しています。

    《日米印を挑発し、自滅にむかう中国》

    先日、中国とロシアの軍艦が、「尖閣周辺の接続水域に入った」というお話をしました。中ロの意図についてはこちら。

    ● 尖閣に中国、ロシア軍艦が同時に出現。日本は何を試されてるのか?

    ご存知の皆さんも多いと思いますが、実をいうと、中国はこの後、もっと大胆な行動をとっています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「中国軍艦が一時領海侵入 口永良部島周辺海域 海警行動は発令せず」
    (産経新聞6月15日)
     防衛省は15日、中国海軍の艦艇が鹿児島県の口永良部島周辺の領海に入ったと発表した。同海域の領海に中国艦が入るのは初めて。中国艦はすでに領海を出ている。自衛隊に対して海上警備行動は発令されていない。政府は警戒監視を強めて情報収集を進めるとともに、中国の意図の分析を急いでいる。
     防衛省によると、15日午前3時30分ごろ、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が、口永良部島西方の領海を南東に進むのを海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認した。同艦は約1時間半後の午前5時ごろ、鹿児島県の屋久島(鹿児島県)南方から領海を出た。海自は中国艦に「日本の領海に入っている」と無線で警告した。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     どうですか、これ? 中国の軍艦は15日、尖閣周辺の接続水域どころか、鹿児島県のすぐ南の領海に侵入していた!これ、非常に重大な事態ですが、知らなかった読者さんもいたのではないでしょうか? というのも、日本のテレビでは、ほとんど報じられていなかったからです。

     確かに、「北海道の地震」「舛添さん辞任」「イチロー偉業達成」など、重大な出来事が他にもあったのは事実です。しかし、「中国の軍艦が日本の領海に侵入した」事実を、ほぼスルーするテレビニュースって、何なのでしょうか? 他の国では、ありえないことです。「メディアが、日本人の『平和ボケ』を助長している」と批判されても仕方ないでしょう。

     中国の挑発が激化している。事情を知る人は、日本の未来を心配されていることと思います。もちろん、私も同じです。しかし、実をいうと、日本は「どんどん有利になっている」のです(もちろん、油断は禁物ですが…)。

    《中国は、日米印を挑発する》

    「なぜ、中国の軍艦は、日本の領海に入ったのだろう?」。この質問に、産経新聞は、こう答えています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     防衛省幹部は中国の狙いについて「10日から同海域で行っている日米印共同訓練『マラバール』に参加しているインド艦艇2隻を追尾した可能性もある」との見方を示している。
    (同上)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     そうなんです。日本、アメリカ、インドは6月10日から、共同訓練を実施していたのですね。この訓練は、もともとアメリカとインドが行ってきた。しかし、去年から日本も参加することになり、日米印の安保面での連携が、強固になってきた。もちろん、「対中国」です。この訓練がらみで、中国は、インドに対しひどい「挑発」をしています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「中国軍がインド北部に侵入 領有権主張、日米との連携強化に反発か」
    (産経新聞6月15日)

    【ニューデリー=岩田智雄】インドと中国が領有権を争い、インドの実効支配下にある印北部アルナチャルプラデシュ州に今月9日、中国人民解放軍が侵入していたことが分かった。印国防省当局者が15日、産経新聞に明らかにした。
     中国は、インドが日米両国と安全保障で連携を強めていることに反発し、軍事的圧力をかけた可能性がある。
     中国兵約250人は、州西部の東カメン地区に侵入し、約3時間滞在した。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     さらに中国は、アメリカ軍も挑発しています。ニュースウィーク日本版、6月16日から。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「中国艦、領海侵入した日に日米印の共同軍事訓練で米空母を追尾」
    (2016年6月16日)
     中国の軍艦が日本領海に侵入した15日、沖縄本島の東方沖で行われている日、米、インドの共同軍事演習「マラバール」にも中国艦の影がちらついた。
     3カ国は対潜水艦戦などの訓練など通じ、海洋進出を強める中国をけん制しようとしているが、中国は情報収集艦を派遣して米空母を追尾した。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    《挑発で、中国の孤立は進む》

     このように、日米印を挑発している中国。その結果は、どうなのでしょうか?

     これ、別に専門家や研究者じゃなくてもわかります。日本、アメリカ、インドは、中国をさらに警戒するようになるでしょう。そして、日本、アメリカ、インドの関係は、ますます強固になる。中国は、ますます孤立していきます。特に、インドを日米の方に追いやってしまうのは、中国にとって大きな失敗です。

     インドは、伝統的に「自立外交」を貫いてきました。日本、アメリカ、ロシアと良好な関係を保ち、領土問題のある中国とも和解の道を模索していた。しかし、今回の事件で、インドは日米をより重視せざるを得なくなるでしょう。

    《何が起こっているのか?》

     最後に、これまでの大きな流れを振りかえってみましょう。

     08年、アメリカ発「100年に1度の大不況」が起こる。09年、アメリカは沈み、中国は浮上した。中国は以後、凶暴化していく。10年、尖閣中国漁船衝突事件。中国は全世界で、「尖閣はわが国固有の領土であり、『核心的利益』である!」と宣言する。2012年9月、日本政府、尖閣を「国有化」。日中関係が、戦後最悪に。12年11月、中国、「反日統一共同戦線」戦略を、ロシア、韓国に提案。「沖縄を奪う意志」を明確に示す。証拠はこちら。

    ● 反日統一共同戦線を呼びかける中国

     2015年3月、「AIIB事件」で、アメリカは、「中国打倒」に動き出す。2015年9月、習近平訪米するも冷遇され、全世界が米中関係の悪化に気づく。

     そして2016年。もはや誰も、「中国は、世界経済のけん引役だ」とはいわない。逆にソロスは、「ハードランディングは不可避」と宣言している。中国経済の繁栄は終り、習近平は孤立を深め、ますます攻撃的になっている。

     1937年、日中戦争がはじまったとき、中国は、アメリカ、イギリス、ソ連を味方につけていました。孤立させられた日本が負けたのは当然だったのです。しかし、日本は今回、アメリカ、インドを味方につけています。ベトナム、フィリピンも味方。オーストラリア、東南アジア諸国も概して味方。欧州は、フラフラし、「AIIB」「人民元のSDR構成通貨入り」問題では、はっきり中国側につきました。しかし、今後中国経済が沈むにつれ、欧州も離反していくことでしょう。

     中国側からの激しい挑発は続いています。しかし、孤立を免れている日本は、どんどん有利になっているのです。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 19日

     無料メルマガですらマトモな内容で配信してんのに、経済倶楽部の会員さんの一部の人たちときたら、

    「日本が破綻したら、日本国債を中国が買い占めて、日本を乗っ取る」

    だの

    「日本は人民元しか使えなくなる」

    だの、お花畑満載のコメントばかりじゃん。希望は希望で、習近平とプーチンがユダ金を追いつめただの、いまだに言ってるし。

     まあね、数年前に横森さんが「中国が日本を占領する」だのっていう妄想を語るから、人民元のタンス預金をしちゃった、おバカちゃんが生まれちゃったんだけどね。

     1ドル=120円の時に海外投資や外貨に替えちゃった人たちなんか、ついこの間、1ドル=99円になった時になんか発狂したと思うぞ。

    • Calgary
    • 2016年 7月 22日

     すぐに不正選挙とか言うのも問題だけれど、株価の下落のたびに毎回日本の破綻が来るとか騒いでその後に一切の検証をやらないのもお花畑そのものではないかと私も思う。西谷さんはそれを何度も求めていたけれど結局ここも含めてそうした人達は一度もやらず仕舞いですよね。結局、私あたりが有料会員への復帰に踏み切れないのはそのあたりに理由があるのだろう。金を払ってわざわざ希望節を読みたいとは思いませんから。

    • Calgary
    • 2016年 7月 22日

     そういえば、最近、HSBC香港ではいろいろと理由をつけて米国株の運用をさせなくなる傾向があるようです。最近はもう私はHSBCで米国株の運用はやらなくなってはいたのですが、これを機に口座をプレミアからdowngradeしようかと思っています。まあ、海外送金のハブとしては必要なので口座を閉じる気はありませんけどね。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 22日

    >金を払ってわざわざ希望節を読みたいとは思いませんから。

     オイラを含めて、希望のせいで有料会員に戻るのを辞めているのが相当数いると思うぞ。希望のせいで小崎さんが減収。

    >HSBC香港ではいろいろと理由をつけて米国株の運用をさせなくなる傾向があるようです。

     北京からのご命令・通達やな。中国株をやれと。

     もう政府にお金がないんやろな。あんなゴーストタウン建設や高速鉄道建設で無理やりGDP上げてんだから、しゃーないわな。

     中国新幹線なんか運賃が高すぎて、庶民が気軽に乗れるものじゃないしな。ガラガラで毎年大幅な赤字よ。それでもプライドで走らせている。しかも故障が多くて、頻繁に遅れや運休が発生している。日本やドイツから技術だけパクっても、しょせんはそんなもんよ。

     シンガポールの地下鉄なんか、純粋な川崎重工の車両は故障が全然ないのに、川崎重工の設計で中国が作った車両は75%に台車の亀裂が発生し、大掛かりなリコールとなった。シンガポールは情報を隠してしたが、香港のニュースでバレた。香港やシンガポールの人たちがボソっと言ったこととは、、、

    「だから最初から日本製にしときゃ~良かったのに。結局、長い目で見れば中国製は高くつくんだよなぁ~」

    • Calgary
    • 2016年 7月 22日

     何だか、HSBCの口座を持っていても日本のATMからは5万円ずつしか引き出せなくなったようですね。もう、一番下のグレードで僅かな金額だけ入金しておくくらいの使い道しかなさそうだなあ。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 23日

    >日本のATMからは5万円ずつしか引き出せなくなったようですね。

     海外銀行の偽造カードでセブン銀行ATMから14億円が引き出されたからね。元々、日本のATMって引き出し上限が高かったし。国際犯罪組織に狙われやすかったしな。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 23日

    【泥船AIIBを仕切る中国 ADBの役割を「補完」どころか「破壊」している】
    (2016.7.4 産経新聞特別記者・田村秀男)

     英国の欧州連合(EU)離脱を支持する国民投票結果が、国際金融界を震撼させている最中の6月25日、北京では中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の第1回総会が開かれた。総会で韓国代表、柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官が「AIIBは金融危機緩和に役立つ」とはよくぞ言った。AIIBは資金調達力がなく泥舟同然なのだ。

     金立群AIIB総裁は参加国数が同じくインフラ支援を行うアジア開発銀行(ADB)をしのぐ情勢だと胸を張るが、肝心なのは資金力である。AIIBは国際金融市場での信用に欠け、資金源は中韓の外貨準備をあてにするしかない。金総裁は中国政府がAIIBの特設ファンドにポンと5000万ドル(約51億円)を提供すると言うが、年間で5000億ドル(約51兆円)以上も外貨が減る中でやっとひねり出した。韓国はAIIB債を一部引き受けたそうだが、外貨不安がつきまとっている。

     AIIBに助け船を出したのはADBである。ADB総裁の中尾武彦氏は財務官出身で、「現役当時からかなりの親中派として知られる」(財務省OB筋)。金総裁は鳩山由紀夫元首相に諮問委員会の委員就任を打診したそうだが、中尾氏ら対中協調派を目立たなくするための目くらまし工作なのだろう。

     ADBはこのほど、パキスタンの高速道路プロジェクトでAIIBとそれぞれ1億ドル(約102億円)を受け持つ協調融資を取り決めた。AIIBはこのほか3件のプロジェクトに融資する計画を発表したが、単独融資はバングラデシュ向けの1・65億ドル(約168億円)だけである。残りは欧州開発銀行や世界銀行との協調融資で、合計4件でのAIIB融資額は5億900万ドル(約519億円)。

     さてこの資金はどこからくるのか。

     ADBの金融報告書によると、昨年末時点でのADBからの最大の借り入れ国は中国である。その未実行額は76・7億ドル(約7827億円)もあり、昨年中に承認した新規分は20・5億ドル(約2092億円)もある。これらの融資はもちろん中国のプロジェクト用だが、なんか変だ。そもそも、みずからの主導でAIIBを設立し、「豊富」と自称する外準を使って他国にカネを貸すゆとりがあるのに、なぜ新規に借り入れるのか。

     ADB対中新規融資額はAIIB融資額の4倍にも達する。北京がADB資金を流用すると断じるわけではないが、ADBから入ってくる外貨を利用すれば、外準を減らさなくても悠々とAIIB資金を工面できる計算になる。

     借金国が他国にカネを貸してもおかしくないし、AIIBは膨大なアジアのインフラ資金需要に対応できないADBを補完できる、と中尾氏はAIIBを一貫して擁護してきた。ならば、中国はADBからではなくAIIBから融資を受ければ済むし、ADBは中国に融資せずに、インフラ資金の不足している国にそっくり融資するのがスジというものだ。AIIBを仕切る中国はADBの役割を補完するどころか、破壊している。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 23日

    ↑ クソワロタwwww

     実態は中国が日米がメイン出資者のアジア開発銀行(ADB)から金を借りて、AIIBで他国に金を貸しているだけじゃん。バカバカしい。こういうのを世間では又貸しって言うんだよ。

     何が、これからは中国の時代だよって!wwwww

     日本が中国に占領される訳ないじゃん。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ