質問806 アメリカが堅調である隠された秘密

現在、世界の先進国において、現状ではですが、アメリカが突出して堅調であるように見えます。
リーマンショック以降、アメリカでもヨーロッパでも日本でも行なっている経済政策、金融政策は大雑把に言えば、同じようなものに見えるのですが、細かい政策の違いの差なのか、国家の実力や外交の差なのか、一体どのような部分でこれらの差が生まれてきているのでしょうか?

 

質問806アメリカが堅調である隠された秘密

音声ダウンロード(MP3) [6月27日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1029 大震災の日本経済シナリオ

  2. 第280回収録 クリントン大統領候補の『裏事情』とは?

  3. 第301回収録 「安倍首相、頑張れ!」

  4. 質問1013 バーゼル3金融機関への影響 

  5. 質問1208 中国は台湾に戦争を仕掛けるのか?

  6. 質問833 国民の金融資産が上回れば国の借金が増えても大丈夫?

  7. 第445回収録 大統領選挙はバイデン不正勝利?アメリカの近未来予測!

  8. 質問1152 偽陰謀論に 騙されるな!GESARA宣言の真相̷…

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • man21
    • 2016年 7月 14日

    ようするにポンジースーキームというやつですね。日本が債権国なのにいくら働いても豊かにならないでしぼんでいくのはそのためです。財政破綻というよりは蟻地獄ということでしょう。最終的な結果は大差ないと思います。戦争で負けたので仕方がない。日本の戦争の目的は、アジアの独立だったのです。そのために多くの国が独立しました。そんなきっかけ作った日本を許せるはずもありません。日本みたいな敗戦国はしかたがないにしても、ロシアが従う理由はないわけで、結果的に経済制裁を受けている。強いものが勝つ、生物の定めです。正義など絵空事です。

    • man21
    • 2016年 7月 14日

    ろくな教育も受けていない我々低層階級にとっては、財政破綻という論議など意味がなく。将来、仕事があるのか、年金があるのか、生き残ることができるのかが重要であり、できなければ我々の財政破綻ということになる。経済倶楽部はそう意味で有効であると思います。強い者は、どこの国(日本でも)で何をしようと勝ってなのです。

    • 希望
    • 2016年 7月 14日

    最後のところは、参議院選挙後の自民党政府と日銀に、「財政破産
    防止策」のヒントを与えるために書きました。異次元緩和を始めた
    本当の理由は、政府財政の破産を防ぐためだったでしょう。その策
    も、行き着き、破産防止策にならなくなってしまった。そこで、考
    えたのです

    吉田先生の対応策も限界らしく、ま、簡単に言うと2018年には国債が発行できなくなる

    最悪というよりは、まず、年金等は1/2になる。

    論理的検証はもうしばらく時間がかかるが、アホみたいな横森説より、みなさん、とにかく吉田繁治先生の有料メール読んで。

    この人のメールには、少しでも多くの人を助けたいという愛情と、現実を冷静にみて判断する部分がある。

    恐ろしいのは、この冷静な判断であり、たぶん日銀の委員クラスと同等以上の力があるのでしょう。

    自分も力がないなりに論理的検証をしますが、それ以上に、本能的に吉田説を支持しています。

    なんせ、「少しでも多くの人を助けたい」、エリートには珍しくこういう部分を感じるのでね。

    • Calgary
    • 2016年 7月 14日

     希望さん、言っておくが、この人はエリートでも何でもない。本業で食えないから、客観的には意味のない東大卒をチラつかせて希望さんのような幼気な人達からなけなしのお金を巻き上げているだけだよ。

    • ラスカル
    • 2016年 7月 14日

     ついこの間まで、安倍が追い詰められているだの、不正選挙だの、プーチンと習近平がユダ金を追い詰めているだの、トランプが大統領になるだの、ドヤ顔で連投していたのに、自民・公明が圧勝して、ヒラリーが優勢になって、仲裁裁判で中国が完全敗北したら、吉田・有料メールの話ばかりしやがる。論点ずらしがバレバレやん。

     中国と戦争になったら、無能な希望は真っ先に歩兵として最前線に行くんだから、楽しみに待ってろや。まあ仕事がないんだから、ご飯と給料が貰える日本軍の志願兵になるしかないわな。

    • man21
    • 2016年 7月 14日

    異次元緩和を始めた本当の理由は、政府財政の破産を防ぐためだったでしょう。→違うでしょう。異次元緩和しないほうがリスクが低かったよね。出口戦略が難しいことはアメリカでわかっているのにね。

    • man21
    • 2016年 7月 14日

    論理的検証はもうしばらく時間がかかるが、→各指標は公開されているんだから、かからんでしょう。理論がだめな証拠では!

    • man21
    • 2016年 7月 16日

    年金支給が65歳に延長されます。
    年最低生活費300万使って5年で1500万です。
    その間、年金、介護保険、税金を支払わなくてはなりません。
    多くの人が破綻するでしょう。私も例外ではありません。
    もし、さらに追い打ちで68歳に延長されたらどうでしょうか?
    インフレになったら?自動化されたら?不況だったら?戦争になったら?

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ