24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

厚生労働省が先日発表した4月の
全国の有効求人倍率(季節調整値)は、
3月から0.04ポイント上昇して1.34となった。

これは、1991年11月の1.34と並ぶ、
24年5ヵ月ぶりの高水準となりました。

厚生労働省は、有効求人倍率の上昇を、
「景気が緩やかに回復していることに伴い、
雇用情勢も改善している」ことの反映だと分析。

しかし、有効求人倍率の上昇には
『ある』トリックが隠されており、
実は日本経済の深刻度を
表しているのです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 【裏話】なぜビットコインが採用されるのか?

  2. 急速に進む円高、どうなる今後の円相場?

  3. イラン反政府デモの真相〜仕掛けられる中東の秘密 

  4. アフリカ諸国の財政危機!最大の債権国である中国の暗い未来!?

  5. FRBの方針でゴールドが値上がりしない理由

  6. 新興国の深刻なインフレ…世界連鎖破綻へ警戒せよ!

  7. 次期CIA長官から見るトランプ政権の方向性

  8. 「ビットコインは95%偽装取引」の噂の真相

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 7月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ