24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

厚生労働省が先日発表した4月の
全国の有効求人倍率(季節調整値)は、
3月から0.04ポイント上昇して1.34となった。

これは、1991年11月の1.34と並ぶ、
24年5ヵ月ぶりの高水準となりました。

厚生労働省は、有効求人倍率の上昇を、
「景気が緩やかに回復していることに伴い、
雇用情勢も改善している」ことの反映だと分析。

しかし、有効求人倍率の上昇には
『ある』トリックが隠されており、
実は日本経済の深刻度を
表しているのです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 来るべき食料高騰の兆し?「収穫したくてもできない…」農業の実情

  2. 神がかり経営、孫正義の成功の秘密

  3. 『日本の借金1000兆円はやっぱりウソでした』はやっぱり嘘でした

  4. 生命保険の正しい選び方

  5. 多国籍企業の徴税時代に儲かる投資先

  6. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  7. インフラ投資の落とし穴

  8. なぜビル・ゲイツ氏は米国最大の農地保有者なのか

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 7月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ