24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

厚生労働省が先日発表した4月の
全国の有効求人倍率(季節調整値)は、
3月から0.04ポイント上昇して1.34となった。

これは、1991年11月の1.34と並ぶ、
24年5ヵ月ぶりの高水準となりました。

厚生労働省は、有効求人倍率の上昇を、
「景気が緩やかに回復していることに伴い、
雇用情勢も改善している」ことの反映だと分析。

しかし、有効求人倍率の上昇には
『ある』トリックが隠されており、
実は日本経済の深刻度を
表しているのです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 高額法人税制度は日本を滅ぼす

  2. 外資優遇の縮小によるフィリピン経済への影響

  3. 基軸通貨米ドルから仮想通貨へ変わるシナリオ

  4. 質問862 新円切替でも対象外の硬貨は破綻対策になるか?

  5. フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

  6. 中国賃金引き上げによる人民元への影響

  7. 貿易戦争はいつまで続くのか?

  8. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 7月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 7月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ