質問798 経済学者がいう短期、中期、長期はどのくらい先のことか?

経済関係者が言う短期、中期、長期というのは現在からどれくらい先のことを言うのでしょうか。特に、中期と長期の境目がどれくらいなのかわかりません。たとえば、ブルームバーグのインタビューで著名な学者が、「長期的には」円は1ドル300,500,1000円になるだろうとおっしゃっていたのですが、この場合の「長期的」というのは、この先生はどのくらい先のことをそうていしているのですか。

 

質問798 経済学者がいう短期、中期、長期はどのくらい先のことか?

音声ダウンロード(MP3) [6月9日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1027 長期的な石油価格と日本経済への影響

  2. 質問1132 大恐慌対策!どの通貨がいい?今あなたが準備すべき…

  3. 質問884 株で儲かる人 vs 損する人の違い

  4. 質問1059 資本主義の終焉?近未来の社会カタチ

  5. 質問1043 詐欺コインと本物の仮想通貨の見極め方

  6. 第372回収録 誰もあなたを助けない!

  7. 第316回収録 朝鮮戦争勃発?トランプは北朝鮮を崩壊させるのか?

  8. 質問781 トランプが大統領になったら変わりますか?

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 6月 18日

    単純な話、全世界がグローバル経済、永遠の経済成長などとという妄想を捨て、原則保護貿易、為替適正化のための金本位制に走り出したらどうなるか?

    実は困るのは、ユダヤアメリカだけであって、世界の国家、国民にとってはそりゃそこそこ貧乏になるだろうが、生きるにはむしろ安心した制度となる。

    おバカな金儲け主義はそろそろ終わりだな。

    400年に及ぶ疑ユダヤ支配が終焉を迎えるか?
    いったいプーチンとは何者なのか?
    なぜ、そしてどのようにして反旗を翻したか、死ぬまでしゃべってはくれないだろうが、知りたいね。

    まさしく世界を変えた男なのだから。

    日本はこれから大変動だ。
    なんせ、円や金融資産価値、実質収入が激減する。
    今までの常識が吹っ飛び、このユダヤ支配の歴史が信じられない多くのものが没落(貧困、自殺、離婚、家庭崩壊等)していくことだろうし、リチャードコシミズ派等真実を理解し、そのうえで立ち向かう人間のみが再生、復活、飛躍しよう。

    あと30年程度の命だが、この過程をじっくり拝見させてもらいます。

    どこまで日本は復活できるかな~
    それとも没落のみで終わるかな。

    • 希望
    • 2016年 6月 18日

    日欧の中銀が必死に自分たちを弱くしているので状況が緩和され、
    危機として認識されていないが、すでにドル崩壊、ドルの危機、リーマン危機の再来、多極化につながる米覇権(ブレトンウッズ体制)の瓦解が始まっているのでないか

    田中宇の意見だが、傾聴には値するな。

    やっぱまずはイギリスのEU脱退、次は大統領選挙か、これでみんながどう反応するか、ユダヤアメリカは謀略で今まで世界を誘導してきたが、
    ネットのおがげでもう謀略は通用しにくいし、力、すなわち核による強制も、実はロシアを敵にした時点で終わっている。

    つまりはもうユダヤアメリカの思い通りにならないのだ。
    見ようによれば、これで世界は正常化する。

    時間はかかるかもしれない。
    ただ日本は過去の漬けを一気に払わなければならないかもね。

    ゴールドの変動が激しい。
    ゴールドに逃げるものが増え、ユダヤアメリカが先物で落としているのだろうが、落とせなくなれば一気に暴投、金融危機の開始だ。

    • man21
    • 2016年 6月 19日

    あと30年程度の命だが→30後ですか?たしかにドルは基軸通貨でなくっているかもしれないね。だからといってブレトンウッズ体制にするには金が足りないね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ