『ある』特殊要因によるGDPプラス成長の訳

2016年1Qの国内総生産(GDP)は1.7%増だったそうです。

実は『ある』特殊な要因があったためで、このプラス成長のニュースはあまり喜ばしくありませんでした。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. いつの間にか国有化された日本企業

  2. 不動産の投げ売りが始まる?コロナ時代の新しい不動産運用とは?

  3. 初心者でも失敗しない投資のリスク管理法

  4. 比麻薬大戦争を仕掛けるドゥテルテ大統領の裏側

  5. ロシア:プーチン大統領 VS アメリカ:トランプ大統領

  6. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  7. 貿易戦争はいつまで続くのか?

  8. 外貨を稼げなくなった東南アジアの国家破綻シナリオを考える

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 6月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ