『ある』特殊要因によるGDPプラス成長の訳

2016年1Qの国内総生産(GDP)は1.7%増だったそうです。

実は『ある』特殊な要因があったためで、このプラス成長のニュースはあまり喜ばしくありませんでした。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 人工知能を活かせる人材になれるか?

  2. 中国人富裕層、2つの金持ちとは?

  3. 【丸秘】この冬が危ない?仕手筋が仕掛ける原油相場シナリオ!

  4. 多国籍企業の徴税時代に儲かる投資先

  5. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  6. プロレス系金融最大手がビットコインを意図的に下げる理由…

  7. 資産家か貧乏人になるかの人生の分かれ道

  8. インド:不正資金取締の裏側

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 6月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ