『ある』特殊要因によるGDPプラス成長の訳

2016年1Qの国内総生産(GDP)は1.7%増だったそうです。

実は『ある』特殊な要因があったためで、このプラス成長のニュースはあまり喜ばしくありませんでした。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 香港の不動産バブル崩壊?金利上昇が与える影響 

  2. OPEC石油生産の減産合意がもたらす石油価格の行方とは?

  3. 新型コロナの世界経済崩壊!インフレかデフレか?

  4. 日本の脱デフレと財政問題の驚愕な解決手法

  5. 究極の監視社会の未来像 

  6. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  7. 不法移民問題で支持を集めるトランプの手腕

  8. 稼ぐ女性ほど結婚できない現実

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 6月 01日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ