合法化で盛り上がる民泊ビジネスの落とし穴

「エアービーアンドビーで250万円稼いだ!」

これまでは旅館業法と借地借家法など
民家を貸し出すのは法律的にグレーであった
民泊ビジネス。

この春には法律が改正されてはれて
民泊ビジネスが合法になる見込みです。

法律上問題がなくなったこの民泊ビジネスは
参入すべきビジネスなのでしょうか?

不動産の家賃収入のように
『儲け』に期待する投資家もいますが
横森は否定的な見解をもっていました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 金利なしで過去最高の預金残高が物語る日本経済

  2. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

  3. 期待されるフィリピンの未来

  4. 合理的思考の20代若者と日本の暗い未来

  5. 日本経済の限界はいつくるのか?

  6. 夢も希望もない日本の若者が取るべき行動とは?

  7. 算命学が占う2016年の日中韓の運勢

  8. 新型コロナウィルス予防ワクチン完成!ワクチン開発の裏事情

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ