第274回収録 東京オリンピック 裏金2億円の秘密

第274回収録 東京オリンピック裏金2億円の秘密

音声ダウンロード(MP3) [5月16日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1074 日本破綻の資産防衛対策

  2. 第314回収録 支持率低下の安倍総理は乗り切るか?

  3. 質問754 先進国デフォルト対策でどの通貨がいいか?

  4. 質問1199 ハイパーインフレを見極める方法..インフレ前のデフレはあ…

  5. 質問1196 金正恩の影武者説の真相

  6. 質問846 激しいインフレが止まる目安はあるのか?

  7. 質問783 ドイツ銀行の破綻はドイツ・アメリカの国家破綻に連鎖するか?…

  8. 質問1173 コロナでオフィス需要激減!なぜオフィスビル建設ラッシュは…

コメント

  • コメント (26)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     これフランスだけでなくシンガポール司法当局も動いているで。パナマ文書と同じように、資金を国際的に動かすためのペーパーカンパニーの洗い出しが真の目的なんじゃないか。シンガポールの方がヤバイぜ。

     っていっても、2020年まで時間がないから、東京オリンピック中止はないけどね。2017年から東京以外でやるっていっても、どこの国でも3年で準備できんやろ。

     ただ資金が賄賂か接待かコンサルティングか、名目と実態の解釈によって違ってくるから、グレーなんで白黒つかんと思うぞ。それよりも真の目的はペーパーカンパニーの方だろ。裏金捜査という名目で、巻き添えをくらう他のペーパーカンパニー富裕層はたまらんわ。

     まあ世界は裏金で動いているから、今さらって感じだわ。日本もほとんど裏金で動いているけどね。民間どうしも裏金で動いているし。儲けの20%バックなんか、どこの業界でも普通にやってるわ。それを知らない、できない奴は、暗黙のルールがある村社会から追い出されるだけ。小さな企業から、上場するまで成長した企業はどこでもやっているわ。

     医療業界だって政治連盟会員(ほぼ強制加入)から巻き上げた会費が、市町村長、県会議員、知事、国会議員まで、政治献金の合法的手法でかなりの金額が流れているわ。

     世の中、タダで何かしてもらえる程、甘ちゃんな社会ではありませんな。オイラだって、あからさまにタダで何かしてもらう気満々の奴なんか、無視するもん。(情報提供や人脈紹介など)

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     そう言えば昨日の清原覚醒剤裁判で清原の証言には笑ったわ。

    >覚醒剤を使い始めた理由

    >「野球のストレスやプレッシャー、不安は野球で解決できたが、社会の中のストレスや不安は解決法がなく、こういう思いから薬物に手を出したのだと思う」

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

    >検察官「心と体を健康にするというのは、どうやるのですか」

    >清原被告「16歳で電気屋の息子が全国区になり、走り続けて、社会に適応できず…。まずは空を見たり、風を感じたり…。今の生活を…したいと感じています」

     清原は西武に入団してから1年目からコーチに挨拶もせず、コーチにマナーについて小言を言われても、ふて腐れ、無視して、コーチをバカにしていたらしいからな。ルーキーじゃなくなっても、巨人に入ってからも監督の言うことを聞かず、監督と仲が悪かったし、選手の品位を重んじる巨人なのに、耳にピアスしてバッターボックスに立って、完全に球界のドン、ナベツネに完全に嫌われてしまった。

     野球の世界でも社会性がなければ、引退後はコーチや解説者や社会人・大学・高校野球監督の仕事なんか来ませんがな。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     球界には球界村社会のルールがあるし、医療業界には医療村社会のルールがありまんねん。取引には業界村社会のルールがあるし、報道の世界には記者クラブや報道協定の村社会ルールがあり、芸能界には育てた事務所を円満退職せずに辞めて独立すると、完全に干されるという村社会ルールがある。

     覚醒剤は脳細胞レベルで器質的な物理的変化をもたらすので、覚醒剤を辞めた後も、脳内で勝手な電気信号が走るので、頭痛・耳鳴り・幻聴・不安・焦燥感が起こるからな。田代まさしみたいに再犯率が高いから、野球界は100%、芸能界も50%以上、復帰は難しいんじゃないか。

     清原も現役時代から引退後のことまで考えて、村社会のルールに従っていれば、コーチの仕事ぐらい貰えたのにな。イチローなんかオリックスを辞めてからも、メジャーのオフにはオリックスに金を払って神戸の寮の練習場や神戸の球場を使わせてもらって、オリックスカードローンのCMにも出て、オリックスとの関係を切らずにいたところは凄いわ。ナベツネには「イチローほど頭のいい奴はいない」と言わしめすほど愛されているし、引退後はいくらでも野球関連の仕事はありますな。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     そういえばオイラの知り合いで、某公共資格の警察官向けの講師をしていたのだが、某都道府県警からの裏金キックバック要求を拒否したら、翌年から完全に仕事がこなくなった人がいたわ。警察組織にも裏金(公式には立派な別名称)口座があるんやで。

     世の中はこういう風に回っているんだす。村社会のルールを守れん奴は、底辺に落ちていくだけやで。ルールを守れん奴は、単なる傲慢なツッパリ。一人で勝手に生きていけ!の社会。

     だいたい正義や公正の概念自体、一部の人間が作った幻想のルールにしかすぎないんやで。それらのルールは神様が作った訳でもなく、人間が作ったものでしかない。

     自然界に公平・校正・正義なんて概念はありません。待ち伏せしてエサを捕食している動物がズルイなんて言わんやろ。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     そもそも宇宙自体が不公平・不公正に出来てんのに、公平なんてこの世にありえないわ。地球の地軸が太陽に対して傾いているから、赤道付近や南北極地以外は四季があるし、台風も発生する。海水温も変化するから海流も発生する。ヨーロッパや中央アジアに高い山脈があるから、気流の流れに変化が生じて、中国は砂漠が多いのに、日本は恵みの雨あられ。

     エネルギー変化は不公平(格差)から生じるので、万物が流転していく。もし宇宙の成り立ちが公平だったら、何も動かず死んだ状態と同じやで。生物も誕生していない。

     陰陽五行の不公平のエネルギーの流れの考え方をうまく利用して、どこの社会でもお金を作り出すことができるユダヤ(金融の9割)と華僑(金融の1割)の思考回路は凄いと思うわ。東洋占星術だけでなく西洋占星術にも、根柢の思想には不公平なエネルギーの流れの考え方があるからな。

     ただ闇雲に努力したって、底辺のままよ。そこがオイラと底辺層との違いよ。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

    【定年後の再雇用で「給与引き下げ」は違法!? 「歴史的判決」が日本型サラリーマンを終焉に導く 一見、労働者に有利だけど…】
    (現代ビジネス 5月18日)

    ◎日本の雇用慣行が大きく崩れる!?

     定年後の再雇用でも業務が同じままならば、賃金を引き下げるのは違法――。そんな判決が5月13日、東京地方裁判所で下った。

     さっそく朝日新聞などが画期的な判決だと1面トップで報じていたので、ご覧になった向きも多いだろう。企業では、60歳で定年を迎えた後、大幅に給与を引き下げたうえで再雇用する仕組みが定着している。それが違法だということになれば、大幅な制度見直しが不可欠になる。

     安倍晋三首相は「同一労働同一賃金」を目指すとしており、今回の判決はその流れと一致しているように見える。一方でこれまでの日本の雇用慣行を大きく突き崩す可能性も出てきた。

     今回の訴訟は、定年後に再雇用されたトラック運転手の男性3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、定年前と同じ賃金を払うよう勤務先である横浜市の運送会社を相手取って提訴していたもの。

     佐々木宗啓裁判長は「業務の内容や責任が同じなのに賃金を下げるのは、労働契約法に反する」と認定。定年前の賃金規定を適用して差額分を支払うよう同社に命じた。

     日本では60歳定年制が定着しているが、2012年8月に成立した改正高年齢者雇用安定法によって、希望者全員を65歳まで再雇用するよう企業に義務付けた。年金の支給開始年齢が引き上げられるのに合わせて空白期間を作らないことが狙いで、再雇用義務の年齢を3年ごとに1歳ずつ引き上げ、2025年4月から65歳とすることが決まっている。2016年4月からは62歳までの義務付けが始まった。

     単純に定年を引き上げた場合、人件費が大きく増加することになるとして財界を中心に反対論が根強かったが、賃金の大幅な引き下げなど雇用条件を変更して再雇用することで妥協が成立。改正法が成立・施行された。

     一方で、ほぼ同じ仕事をしているにもかかわらず、定年後の再雇用で給与が激減することへの不満は根強い。とくに、ここへ来て人手不足が顕在化しており、給与引き下げに理不尽さを感じる人が増えているのも事実だ。

    ◎有識者も驚いた

     今回の判決で法律に触れるとされたのは、労働契約法の20条。

     有期契約の労働者と無期契約の労働者の労働契約に相違がある場合、「労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない」と定めている。

     今回の場合、有期の労働者とは定年後に再雇用されたドライバー、無期契約の労働者とは正社員のドライバーを指す。この法律に違反しているとされたということは、職務内容も責任も正社員時代とまったく変わらなかったのに給与だけが引き下げられ「不合理だ」と裁判所が判断したということだろう。

     今回の判決に労働法学者や実務家からは総じて驚きの声が上がった。定年後の再雇用に当たっては、国の雇用保険から、「高年齢雇用継続給付金」が支給される。つまり、定年後に報酬が減ることを前提に制度設計がなされているのだ。

     日本の終身雇用を前提とした給与体系では、若いうちは働きに見合う報酬は得られず、一定年齢以上になると働きに見合う以上の報酬を得る形になっている。同じ仕事をしていても、勤続年数が長い人が高い報酬をもらうという仕組みを許容してきたのだ。

     ここへ来て安倍内閣が実現を掲げる「同一労働同一賃金」では、欧米では、性別や国籍による差別の禁止に加え、年齢による差別を禁止する意味合いが強い。本気で「同一労働同一賃金」を突き詰めていけば、今回のように定年を迎えただけで賃金が下がるというのは「不合理」ということになりかねない。

     上級審ではこの判決は修正されるという見方が強いが、もし仮に、この判決が上級審でも支持されて確定した場合、日本企業の雇用慣行を大きく揺さぶることになるだろう。
    .
    ◎罠かもしれない

     65歳まで「働きに見合った報酬」を支払い続けることが義務付けられた場合、企業は、定年前の「働き以上に高い報酬」を見直さざるを得なくなる。「同一労働同一賃金」として説明のつかない手当などを廃止することになるに違いない。結果、若い社員の給与は相対的に上昇し、高齢者の給与は相対的に下がる方向に動くだろう。

     勤続年数が増えれば、同じ仕事をしていてスキルが上がらなくても賃金・手当が上がっていくという日本型サラリーマンの幻想が打ち破られることになるのだ。

     もちろん、労働組合が存在する大企業などでは、そんなに簡単に報酬体系の見直しはできない。そうなると65歳まで高い賃金を支払い続けなければならなくなる。そのしわ寄せは若い世代の新規雇用や給与水準に行く可能性が高い。ますます企業の活力が失われ、生産性が下がっていくことになりかねない。

     厚生労働省や労働組合や一部の学者の間には、定年から年金受給までの空白期間を作らないために、定年の延長を企業に義務付けるべきだ、という声がある。65歳どころか70歳にまで定年を引き上げよという主張がくすぶる。

     現在の法律でも、65歳まで定年を延長することや、定年制自体を廃止することもできる。実際に定年を延長したり廃止した企業もあるが、その場合、実際の働き方に見合った報酬体系に変更している企業が多い。欧米企業も定年がない企業が少なくないが、実績が上がらなければ解雇されるし、一定の年齢になると自分自身の意思でリタイアするのが慣行になっている。

     定年後もそれまで以前の給与を支払えという今回の判決は、一見、労働者に有利な判決に見える。

     だが、「同一労働同一賃金」の哲学を突き詰めていくと、定年までは解雇される心配もなく、給与も安定的に増えていた従来の日本型の雇用形態が根底から破壊されることになりかねない。“守られてきた”日本のサラリーマンにとっては、厳しい時代がやってくる予兆かもしれない。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     同一労働同一賃金がスタンダードになると、もう無能は正社員にはなれない世の中が来るってことですな。今までの様に、何もできない新米を給料を払いながら仕事を教えて、年功序列で給料が上がっていくシステムの終焉ってこった。

     学習ポテンシャルの大きい新卒(有名大学卒)しか、ゼロから教育してもらえないっちゅうこった。あとは有能な人物を中途採用するか、アウトソーシングの外注で十分や。単純労働は派遣でまかない、3年ごとに切ってきゃいいし。もう単純労働の正社員は消えていく運命やな。技能熟練工も経験を要する仕事も、外注になっていくな。

     こりゃ予想よりも相当早く、正社員を必要としなくなる社会が日本に到来しますぜ。単純労働を時間で切り売りする「底辺層」と、自分の能力を個人事業や零細法人企業という形態で、アウトソーシング発注された外注案件の仕事を獲得できる「中間層」と、優秀な技術や商品力で仕事を発注できる「勝ち組層」の3つの層ができるっちゅうこってす。

     もう昭和じゃないのに、いまだに20年前の雇用形態が続くと信じている底辺層はオメデタイわ。日本破綻なんか待っている場合じゃね~ぜ。インターネットと携帯電話の普及が始まった20年前から徐々に変化して来たから気づかんのやな。日銀法や外為法の改正で、お金は労働者に平等に分配されずに、金持ちのお金が世界中で勝手に増えていく日本社会になったんやで。

     20年前までの、国家が強制的に公平分配を促すシステムはもう終わったんや。「同一労働同一賃金」って「同一成果同一報酬」って意味なんだよな。

     ライオンがシマウマやガゼルを追いかけても、持久力が尽きたりして、必ずしも獲物をゲットできる訳じゃないじゃん。自然界の不公平って、当たり前のことじゃん。ライオンがガゼルに「不公平だからエサになってちょ♥」なんて言うかよ。

     オオカミや猿の群れだって、下っ端が「不公平だ」なんて言わないわ。不満ならクーデターをボスに仕掛けて勝つしかない。もし負ければ群れから出ていくしかないけどな。

     ミツバチだってアリンコだって、働きアリが兵隊アリや女王アリに「不公平だ」なんて言わん。

     「働きアリの法則」というのがあってだな、100匹の働きアリのうちの2割が良く働き、6割が普通に働き、2割が全く働かないんや。そんで2割の働かないアリを除外して残りの8割のアリンコだけにすると、またそのアリンコ集団の中で、全く働かないアリが2割生まれるんやで。

     宇宙や自然界そのものが、不公平を生み出しているんやで。ユダ金が不公平を生み出しているんやない。ww

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     2割のまったく働かないアリ・・・横森さんに作り話の質問で偽装して、「もうすぐ破綻するぞぉ~」の配信が聞きたくてたまらない、ニート底辺層そのものじゃないか。

     日本が破綻したって、自然界の法則により、「2割の負け組」が続くことに変わりはないんだから、さっさとハローワークで仕事でも探せばいいのに。6割の普通の仕事なんか、向こうからやってこないんよ。2割の勝ち組には、自力で這い上がるしかない。日本破綻で逆転現象なんか、勝手に起きませんわ。

    • 希望
    • 2016年 5月 18日

    ターゲットは電通だが、海外で電通をたたいているのはどこかな?

    ユダヤアメリカ系のはずはなく、ひょっとしたらロシアかもね。

    でも、まあこれほどひどいマスゴミにいるマスゴミ関係者もマスゴミ関係者だ。

    恥を知るがいい。

    まあ、所詮世の中の人間とは、一般的にはこんな程度なのだろう。

    いつもいうように、電通とか、ユダ金、自民党などのトップを捕まえて徹底的に拷問、薬物を使ってもよいから洗いざらいしゃべらせたらとは思うが。

    311、911、熊本大地震、swapつぶしなど、ばれたら世界が大混乱するだろうね。

    プーチンあたりが国連でやってくれないものかな?

    • man21
    • 2016年 5月 18日

    おーすばらいコメントです。ラスカルさん!世の中が不公平であること教えることが真の教育だと思います。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

    >徹底的に拷問、薬物を使ってもよいから

     希望の深層の本質が、すべてこのセリフに出てるじゃん。ユダ金や自民党を責める資格のない、ゴミ以下ダニなみの人間じゃん、希望って!

    >世の中が不公平であること教えることが真の教育

     ユダヤや華僑はガキのうちから、この本質を親が教えるからな。

     希望の親みたいに、子供に怨嗟の思想を植え付けると、希望みたいな大人に育つ。ww

    • ラスカル
    • 2016年 5月 18日

     もしオイラがジャニーズ顔に生まれたら、小学生どころか幼稚園児の時からモテモテで、勉強ができなくても劣等感は感じないから、まともに勉強なんかしませんわ。偏差値42の高校へ行って、3か月おきに彼女を変えて、やりまくって、18歳でデキ婚。高卒後は半年おきに仕事を変え、浮気もして離婚。もちろん養育費なんか送金しません。30歳でバツ1子持ちと再婚して、自分に懐かないガキをブン殴って、気が付いたらガキの呼吸が止まっていて、あら大変!傷害致死で逮捕の人生よ。

     もしオイラが野球が得意なガキだったら、小学生の時から地元のリトルリーグに入って、中学~高校は野球部で勉強もせず練習三昧。県大会ではベスト4までは残れたが、甲子園には行けず。打率やホームランの数がパッとせず、プロからのお誘いもなく、仕方なくスポーツ推薦で大学進学。大学でもパッとせず、就職にも失敗し、スポーツ用品店チェーンに就職。本社からの売上ノルマのプレッシャーで退職し、、地元の田舎でスポーツ用品店を開店し自営業者となるが、経営は厳しく年収は200万円以下。

     要するに、他人より優れていることが、将来の収入に結び付くことは少ないので、まずはガキのうちから「食っていける」ための頭脳を鍛えることが、一番効率のいい人生設計ってこった。

    • 希望
    • 2016年 5月 19日

    【確実に財政破産に向かう】
    日銀が増発するマネーが原資になるヘリコプター・マネーで公共事業を増加させた場合、名目GDPの増加より、政府負債の増加が大きくなり続け、「財政破産」に向かうことが想定されるのです

    とまあ吉田繁治先生メールです。
    他の船井幸雄HPでも同様の内容があった。
    一般マスコミはノーコメント、当然だがあとは時期だけの問題だが、どうも日本がテストケースとしていけにえにされた感あり。

    ただ今回はテストケースでは済まないぞ。
    そろそろ奈落の底へスタート開始だな。

    日本はむしり取られるだけむしり取られるといったところ。

    また、過去の負の遺産が一般庶民の預貯金を食い潰す。

    これが現実だろう。

    罪のない多くの人が苦しむこととなるがやむをえまい。

    さあ、貧乏国家日本が始まるぞ。

    ま逃げるがか勝ちだな。

    • Calgary
    • 2016年 5月 19日

     希望さんにはいろいろ諫言してきたけれど、やはり無理ですね。あんまりやっていると、私自身もいろいろと疑われかねないから、そろそろ彼に関わるのもやめておいた方がよさそうだ。
     でもまあ、何でまたプロの西谷さんを工作員呼ばわりしてまで門外漢の吉田戦車を信奉するのだろう。不思議です。たぶん、希望さんの希望を代弁してくれるからなのかもしれませんね。
     最近、株式市場を見ていると何だか恐くなってきます。一応、今も損はしてはいないのですが、何だかまた何かありそうですよね。なるべくsell in Mayで行こうかと考えております。

    • cybermika3
    • 2016年 5月 19日

    DRラスカル、シナリオライターになれると思う。うまい。ああ~こうゆうふうに人生落ちぶれて行ってしまう人がいるんだなあって読んでいて思いました。
    ところで、なんか希望さんでもたとえ横森さんでもあまり日本を良く言わない傾向があるの、なんかわからないでもない気もするのです。私よりおそらく5,6年若い世代だろうと察しますが、Baby boomerかな、団塊の世代になるのかな?あの世代が先輩だったり、上司だったりしたのだろうと察していますが、あの時代の日本の男嫌な奴多かったじゃないですか。嫌な経験したら日本の社会が大嫌いになると思う。もちろん良い人もいるけど、こんなこと言っちゃいけないけど、私のいとこたちがその世代だけど、私は全く受け入れられないもの。社会的にも平均よりずっと出世した真面目な社会の一員なんだけど、なんか何に対しても批判的か、嫉妬深い感じするもの。
    ところで、6月下旬あたりからがたがたするか、遅くとも8月から9月にかけて結構大きな下落あるのかな?と株では思ってますが、5月に売れって他からも聞くけどそこからくるのかな?イタリアやオーストリアだと小さな金融機関は取り付け騒ぎが起こってるとか、ちょっと気になりますね。ドイツ銀行も相当やばいみたいだし、、、。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 19日

    >ああ~こうゆうふうに人生落ちぶれて行ってしまう人がいるんだなあ

     普通にその辺によくある話で、社会的に満たされない不満タラタラの生活を送っている、経済倶楽部の3割くらいの会員さんなんか、実際にそ~なんじゃないか。自分だけ人生がつまらないから、まわりも不幸になって欲しくて、日本社会のカタストロフィーを待ち望む。幸福や不幸の感覚なんて絶対評価じゃなくて、まわりとの相対比較評価だから、自分がまわりよりも劣っていると感じたら、劣等感が自分を支配して不幸感が増す。

     昭和40年代の超大金持ちよりも、現在の底辺層の方が生活レベルが上なのに、不満タラタラ。

     オイラの経験した昭和なんか、エアコンもコンビニもネットもないし、汲み取り便所だし、公立中学は不良の巣窟だし、電話やカラーテレビのない家なんか、その辺に普通にいたわ。虐められる子はほとんど母子家庭の女児で、いつも同じ服を着ていて、親が勉強をみてやれないし、本人も日常生活そのものがストレスで勉強ができる精神状態ではない。究極貧乏、勉強できない、気弱で中学に上がったら不登校パターンやな。

     今じゃセブンイレブンのPB商品で100円の商品でも、昭和時代から比較したら、美味し過ぎるわ。現在のイチゴは品種改良されて、そのまま素で食べても甘くて美味しいが、昭和40年代のイチゴは酸っぱくて、イチゴスプーンというイチゴを潰す専用のスプーンがあって、牛乳と砂糖とイチゴスプーンで潰したイチゴを容器に入れて食うのが普通の食べ方だったんだぜ。ゆとり底辺層には当時のイチゴなんか耐えられんと思うぞ。

     今のお米は進化して甘いし、炊飯器も進化して美味しく炊けるしな。昔の炊飯器なんか、今みたいにふっくら炊けないぜ。

     昔はテレビのチャンネル争いで毎週兄弟喧嘩がどこの家庭でも普通だったけど、今ではテレビ以外でもネットやDSなど家での娯楽なんかいくらでもあるじゃん。

     昔は一家に一台の黒電話で、友達と長電話すると親に怒られたけど、今じゃLINEで無料でリアル会話や文字会話が、いつでもどこでも楽しめるじゃん。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 19日

    >ああ~こうゆうふうに人生落ちぶれて行ってしまう人がいるんだなあ

     そもそも野球もサッカーも芸術も音楽も俳優も漫画家も、華やかだけれども、それで食っていけるプロなんて一握りなんだよな。何で一握りの人たちしか必要ないかというと、大勢の需要は必要ないから。なんで需要がないかというと、生きていくのに必ずしも必要でない「娯楽、趣味」の世界の職業だから。

     だけど学校や親が本当の現実を教えないもんだから、ガキのうちから超競争率の高い娯楽世界の職業に就く夢を与えてしまう。本当は「ガキの頃の学業・勉強」ほど、競争率が低くて効率のいい努力目標はないんだけどね。大人や中年になってからの勉強なんて、努力量と得られる果実から考えたら、効率が悪いわ。

     小崎さんや横森さんやオイラなんか、現在は自分にとっては娯楽みたいな感覚で仕事してんだけどね。ガキの頃に趣味・娯楽的職業のプロを目指さなかった結果、中年になって好き勝手に生きられる娯楽的人生を歩んで歩んでいるなんて皮肉なこった。

     仕事なんて結局はほとんどが「付加価値を売る」か「単純労働を売る」しかないし、売るものは「物品、サービス、情報」のどれか。要するに地味で華美なところは全然ない。仕事なんかどれも地味なのよ。

     仕事が地味だってことに気づくのが、中学生か社会人になってからかの、6~10年間の差で一生の半分が決まってしまうのよ。

     オイラなんか抜群の運動神経や絶対音感、イケメン顔貌を持って生まれてこなかったことに、親に感謝しているわ。生まれつき天才的な才能を持って生まれてきても、その才能で食っていけなくなったら、清原みたいになっちゃうしな。

    • Calgary
    • 2016年 5月 19日

    >6月下旬あたりからがたがたするか、遅くとも8月から9月にかけて結構大きな下落あるのかな?と株では思ってますが、5月に売れって他からも聞くけどそこからくるのかな?

     別に私の場合深い意味はありません。疲れるので、株は一年のうち半年しかやらないくらいがいいかと思っただけです。何分、株は素人ですから。それにカナダドルが下落したものでオタワの物件が欲しくなり、物色中です。

    • man21
    • 2016年 5月 21日

    それにカナダドルが下落したものでオタワの物件が欲しくなり、物色中です。→下がったとはいえ、one millon ですよね。中国人のせいでしょうか、世界中の不動産が高騰してしまいました。20年前がなつかしい。

    • Calgary
    • 2016年 5月 22日

     詳しいですね。まあ、物色中というだけで必ずしも買うわけではありませんよ。今持っている北米の物件を売らねばならず、これ以上株式で運用する資金の比率を増やしたくないというだけの話です。20年前はカルガリーで20万ドルを超えるくらいで日本の感覚で言うところの豪邸が買えました。今はカルガリーも人口が倍くらいになってしまい、生活の質を考えればむしろ悪化していますよね。カナダは大体毎年30万人くらい人口が増えているわけで、移民はオタワに住みたがるようです。今後の都市計画を考慮すれば、オタワは選択肢としては悪くないと思っています。
     ただ私が言いたいのは、意外なことに、経済成長しているカナダより低迷している日本の方が生活の質という点ではむしろ改善していることです。

    • man21
    • 2016年 5月 24日

    ニュージーランド、オーストラリア等も不動産が高騰し、生活費も暴騰、10ドルではまともなお昼も食べられません。マイホームは夢のまた夢、格差も広がっている。日本はまだまだ住みやすいです。いつまで続くのか心配です。

    • cybermika3
    • 2016年 5月 25日

    特にシドニーは上がりました。ダウンタウンから半径10キロ圏内だと一戸建てが2ミリオンという価格はあちこちで目にして、半径5キロ圏内のEastやNorthのほうではむしろ安い感じがするくらいです。Water Frontなどといったら11ミリオンだ、12ミリオンだの世界で、今の首相、ターンブルの所有しているような豪邸だと30~50ミリオンなんて言うのもあります。東京から埼玉の小手指くらい遠いエリアでもボロ中古の一戸建てで1.5ミリオンはします。2012年がサイクル上の底と踏んで買っておいたのが36%値上がり状態で、そろそろ売りに出して今のより小さめを二つに買い替えて一つは賃貸に回そうか思っていたところ、国がシナ人の不動産爆買いから市民を守るために、法律を変えてしまい、7月1日から2ミリオンプラスはまず税務署から売り手が過去数年間豪州のその価格帯の物件を買えるであろう年収で豪州での納税者であるという証明書を発行してもらわないと、取引したとき、買い手が売買価格10%をまず、Capital Gains Taxとして税務署にまず納めなくてはならないということになってしまいました。他にも明らかに土地ころがしが目的や、近隣住人と結託して開発業者に高く売った場合などなど、全部この法律が適応されるようになってしまいました。シナ人で調子に乗って買った、豪州で納税していない人たちはさぞ困るでしょう。また、銀行はもう非居住者に不動産ローンをしないということになってしまいました。人口も1995年には360万人と言っていたのが、今年は500万人になってしまったし、まだまだ増えていき、この調子だと2036年には700万人都市になるそうだけど、それにしてもこの加熱ぶりはすさまじいので怖い。暴落いつかしないだろうなあ~と警戒しています。昔住んでいたAucklandも今すさまじい住宅不動産の高騰が起こっているようです。娘がアメリカ人と先日結婚してSan Franciscoに住んでいますが、家賃の高さに参ってます。SFも住宅価格本当に高い!
    豪州で物価の高騰は少し収まったようですが、それでも皆安く買えるスーパーやH&MやUniqloやDaisoに人がたくさんいる感じです。スーパーで安くないWoolworthが経営難になっています。隣町でアジア人のTakeoutの店が弁当みたいなの一つ2~3ドルでたくさん売っているのですが、もう長蛇の列です。日本の丸亀製麺みたいなのも昼飯を5ドルくらいに抑えられるので混んでます。皆ローン返済や家賃に収入を奪われて消費に金がまわらないのではないかと思います。だって、人によっては収入の3分の2が家賃だと!シェアハウスをいい歳した大人が選んでるくらいです。3ベッドを3人から4人でシェアとか。
    東京の不動産は世界の都市のなかでもっともAffordableな都市の一つだと先日記事がでていました。東京の大都市圏をいくつも作ったPolycentrismをシドニーも見習わなければいけないと記事では言っていました。

    • cybermika3
    • 2016年 5月 25日

    ドクターラスカルのお話、私も同感です。
    私の娘の同級生でまあきれいな娘だったけど、男運なかった。高校時代からすぐ彼氏はできるんだけど、結局22歳で結婚して23歳でもう離婚。どの歴代の彼氏も問題あるのばかりだしあれだけひどい目あっているのを見ると、普通の容姿で、何かSkillがあったほうがずっと人間幸せなんじゃないかと思う。

    • ラスカル
    • 2016年 5月 25日

    >東京の不動産は世界の都市のなかでもっともAffordableな都市の一つ

     これは日本の運輸省の官僚が優秀だったから、大都市圏の完璧な鉄道網ができた。

     むかし各私鉄が都内延伸を好き勝手に作ろうと画策した時に運輸官僚が、国と東京都が出資した営団地下鉄と都営地下鉄が地下鉄網を整備するから、その変わり「相互乗り入れ」というシステムで都内の地下鉄へ直通運転させてやる、って案に同意せい!って行政指導が行われた(1957年)。

     だから丸の内線と銀座線と大江戸線以外は、営団・都営とも相互乗り入れを前提に作られている。京成なんか元は現在より6cm短い線路幅だったのに、都営浅草線と相互乗り入れさせるために、線路幅を変えたからな(1959年)。でも線路幅を広げたおかげで、今ではスカイライナーが時速160キロを出せるんだから、良かったんだけどね。

     国鉄では複々線化が進んで、各駅停車と快速・中距離電車を分けたことによって、スピード化が進み遠距離通勤が可能になった。

     相互乗り入れと複々線化で、スピード化と2~3分間隔の運行が可能になった。しかも日本の列車運行システムと信号システムは世界一。ATS(自動列車停止装置)やATC(自動列車制御装置)が昭和40年代には普通に使われていた。

     外国との鉄道受注合戦で絶対に負けないのは、この運行システムと信号システム。中国はもちろんヨーロッパも真似できない高度な技術。

     首都圏はこの鉄道網のおかげで半径60キロ圏が通勤可能圏となった訳だ。外国には実現不可能だね。道路網を整備したって、短時間の大量輸送は鉄道には敵わない。15両編成の車両を3分おきに走らせることなど、外国には絶対に無理。

     相互乗り入れによって折り返し運転のタイムロスがなくなり、折り返しホームのキャパ以上の運転が可能になった。小田急線の新宿駅のキャパがいっぱいになった分、代々木上原から千代田線に直通運転することによって、小田急線の複々線化による大増発が可能になった。昔の運輸官僚の先見の明は素晴らしいわ。

    • cybermika3
    • 2016年 5月 26日

    ああ~なるほど、そうゆうことだったんですね。
    当たり前のように使っているインフラにちゃんと長期計画が含まれていたとは!

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ