パナマ文書に怯える日本の富裕層

富裕層の税逃れを暴いた「パマナ文書」が
公開されたことによって日本の富裕層は
動揺しています。

租税協定を結んでいない外国での
収益は日本の税法が適用されます。

もしタックスヘブンで税逃れをした
日本居住者の富裕層がバレた場合、
所得税に加え追徴課税が過去7年に
さかのぼって課せられるのでほぼ
資産を失うことになるからです。

もしあなたがタックスヘブンで税逃れを
おこなっていた場合は今すぐこちらの
音声で対策法を聞いてください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. FRBの方針でゴールドが値上がりしない理由

  2. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  3. 横森一輝が注目する唯一の仮想通貨

  4. 地銀の越境融資拡大!地方の崩壊危機

  5. 慰安婦像の設置団体の『正体』

  6. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  7. 成功する投資先を一発で見分ける方法

  8. 米、ミャンマー制裁の裏読み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ