パナマ文書に怯える日本の富裕層

富裕層の税逃れを暴いた「パマナ文書」が
公開されたことによって日本の富裕層は
動揺しています。

租税協定を結んでいない外国での
収益は日本の税法が適用されます。

もしタックスヘブンで税逃れをした
日本居住者の富裕層がバレた場合、
所得税に加え追徴課税が過去7年に
さかのぼって課せられるのでほぼ
資産を失うことになるからです。

もしあなたがタックスヘブンで税逃れを
おこなっていた場合は今すぐこちらの
音声で対策法を聞いてください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 官民の革新機構、ベンチャー投資8割失敗の現実

  2. 世界経済に影響を与える中国の政策変更

  3. 虚偽・陰謀論がはびこる“新しいマスコミ”SNS

  4. 東南アジア最大規模のインドネシアが受けた経済打撃

  5. 家賃滞納急増!窮地に追い込まれるアパート経営の実態…

  6. バフェット流が通用しなくなったワケ

  7. プロレス団体と繋がっているamazon創業者ジェフ・ベゾスの秘密

  8. イギリスがEUを激怒!英連邦の新経済圏の行方とEUに未来はあるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ