マネーロンダリング規制に潜む国際金融家の策略

アメリカの金融機関はこれまで
マネーロンダリングの疑いがある
不審な口座や管理が困難とみなされた
個人・組織の口座を大量に閉鎖してきました。

海外口座の閉鎖を恐れ大量の現金を
米国外に
持ち出す外国人が
増えているそうですが
アメリカの本当の狙いは一体なにか?

マネーロンダリングの規制を
強化する方向性ですが
『あちら』側の人間が狙っているのは
実はマネーロンダリングの規制ではありません。

金融資本家における真の狙いとは?

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日本健全論者の盲点

  2. 石油暴落を目論むロシア!プロレス団体への逆襲!?

  3. 『中案米の自由貿易圏』創設に隠された策略とは?

  4. フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

  5. 産業用大麻を合法化! アメリカの未来

  6. 下落はじまる東南アジアの不動産市場

  7. 中国依存の世界経済は新型コロナで崩壊?

  8. ババ抜き不動産投資の罠

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ