マネーロンダリング規制に潜む国際金融家の策略

アメリカの金融機関はこれまで
マネーロンダリングの疑いがある
不審な口座や管理が困難とみなされた
個人・組織の口座を大量に閉鎖してきました。

海外口座の閉鎖を恐れ大量の現金を
米国外に
持ち出す外国人が
増えているそうですが
アメリカの本当の狙いは一体なにか?

マネーロンダリングの規制を
強化する方向性ですが
『あちら』側の人間が狙っているのは
実はマネーロンダリングの規制ではありません。

金融資本家における真の狙いとは?

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『通貨の信用≠裏付け』 通貨の信用とは?

  2. 世界のインフレに対応する日銀の財政破綻防止策 

  3. 英EU離脱!裏勢力が死守したかった『ある』利権

  4. 自動車の未来像:本当に燃料から電気に置き換わるのか?

  5. メキシコ大規模ストライキを仕掛ける裏勢力

  6. 貿易戦争はいつまで続くのか?

  7. ブラジル財政の非常事態宣言によるオリンピック開催危機

  8. どうなる2019年!?米中関係

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ