未曾有の不況に喘ぐ海運業界に未来はあるか?

中国の景気悪化に伴い
海運業界は不況のあおりを受けています。

「ばら積み船」の海運中堅の第一中央汽船が
資金繰りが悪化したことで破綻。

民事再生手続きの中、債権者である
大手船主の数十社から
出資を受けることで合意しました。

破綻した企業に対して債権者が
出資するのは
珍しくケースですが
まさに延命措置です。

第一中央汽船の再建は
果たして成功するのか?

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 【米国テーパリング加速】給付金を貰えるのは今回で最後かもしれません

  2. 急増する空き家と日本の未来

  3. 地銀の6割、海外現金送金停止!の裏事情 

  4. 韓国経済がそろそろヤバい?続々と撤退している外資系メガバンク達

  5. Amazonが日本で再生エネルギー産業に参入する意味とは?

  6. 『陰謀論』を作った犯人がアメリカで公開されています

  7. 外国人労働者受け入れで日本復活?

  8. 2018年度一般会計予算から見る日本の方向性

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ