未曾有の不況に喘ぐ海運業界に未来はあるか?

中国の景気悪化に伴い
海運業界は不況のあおりを受けています。

「ばら積み船」の海運中堅の第一中央汽船が
資金繰りが悪化したことで破綻。

民事再生手続きの中、債権者である
大手船主の数十社から
出資を受けることで合意しました。

破綻した企業に対して債権者が
出資するのは
珍しくケースですが
まさに延命措置です。

第一中央汽船の再建は
果たして成功するのか?

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

  2. 日本もVパスポート導入へ!打たないと生活できなくなる?

  3. 『同一労働同一賃金制度』で格差が広がる?

  4. 合法化で盛り上がる民泊ビジネスの落とし穴

  5. 海外投資の判断基準とは?

  6. 中国技術は日本に勝つ? 

  7. 突然やってくる日本破綻の流れ

  8. 日銀の出口戦略は粉飾決算

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ