首都圏直下型地震で壊滅する日本

埼玉大・角田教授が警告は
従来のプレートテクトニクス論に代わり、
「地震と火山はペアで起こる」とする
「熱移送説」を唱えているます。

角田教授はこの理論よれば
東京で直下型地震が起きても
おかしくないと指摘します。

今後の東京オリンピックや
それに伴う都市開発が
行われますが『直下型大地震』が
起きないように祈ってください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ワクチン開発者「生活正常化は来年冬までに」世界経済の暗い先行き

  2. 家政婦は国際送金革命家

  3. 米中貿易戦争の真の勝者

  4. 留学渡航先5位になったフィリピン、海外留学のススメ 

  5. インド:不正資金取締の裏側

  6. 世界支配層に反旗を翻すフィリピンの行方

  7. 人民元国際化が立ち往生した理由

  8. 20年以内に日本の労働人口の半分が人工知能に奪われる100職業

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ