途上国の潰れない金融機関の見つけ方

東京三菱UFJがフィリピンの
『ある』金融機関に出資しました。

フィリピンの財閥系金融機関ではなく
比較的中規模の金融機関の出資でした。

『東京三菱UFJ』の裏側の動きを知ることで
途上国金融機関の健全性を
判断する材料として横森は
使っているようです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

  2. 新型コロナ治療薬アビガン承認の動きの裏読み

  3. 合法化で盛り上がる民泊ビジネスの落とし穴

  4. 『ある』特殊要因によるGDPプラス成長の訳

  5. 中国、対米大豆の輸入減少…米中対立の行方と穀物市場への影響…

  6. 未曾有の不況に喘ぐ海運業界に未来はあるか?

  7. ベトナム首相失脚:今後の経済発展はあるのか?

  8. 新興国の深刻なインフレ…世界連鎖破綻へ警戒せよ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ