中国人民解放軍を手に入れた習主席の野望

中国の習近平国家主席が
人民解放軍の組織改革行い
『自分の軍隊』に改造しました。

これまで中国共産党と人民解放軍は
別の影響力を持っている組織でしたが
この改革によって習主席が大きな
権力を手いれたことになります。

これによって世界勢力図の構造に
大きな影響を及ぼす可能性があります。

世界の情勢が変わりうる中国の
軍隊改革の全貌について横森が
ズバリ解説します!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 南シナ海仲裁裁判 今後の中国の行方は?

  2. 膨らむ債権バブル、崩壊後の世界経済とは?

  3. 海外に完敗の日本の『おもてなし』

  4. 比麻薬大戦争を仕掛けるドゥテルテ大統領の裏側

  5. 生命保険の正しい選び方

  6. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

  7. 中小企業の大廃業時代の生き残り方

  8. 50年で世界の資源消費2倍で地球崩壊?

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • zin
    • 2016年 3月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ