下落はじまる東南アジアの不動産市場

フィリピンの首都圏住宅市場で供給急増で
家賃が小幅下落に転じています。

家賃収入が下落しはじめるということは
不動産価格も同様に下落します。

これまで不動産価格は伸び悩んでいましたが
今後の東南アジアの不動産は
『危ない』と横森は警鐘を鳴らしました。

今後の東南アジア不動産の行方
について横森がズバリ分析した。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 仮想通貨ブームの終焉:仮想通貨の未来とは? 

  2. イージスアショア計画停止の真相とは?戦争シナリオの裏読み……

  3. 日本健全論者の盲点

  4. 企業の年金破綻時代

  5. マンション契約率悪化!不動産バブル崩壊の前兆か?

  6. アジアの一国が急成長する理由

  7. 忍び寄るインフレの恐怖

  8. 急増する空き家と日本の未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ