下落はじまる東南アジアの不動産市場

フィリピンの首都圏住宅市場で供給急増で
家賃が小幅下落に転じています。

家賃収入が下落しはじめるということは
不動産価格も同様に下落します。

これまで不動産価格は伸び悩んでいましたが
今後の東南アジアの不動産は
『危ない』と横森は警鐘を鳴らしました。

今後の東南アジア不動産の行方
について横森がズバリ分析した。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. タワーマンションの不動産バブルはいつ崩壊するか?

  2. 「中国経済崩壊、秒読み」は本当か?

  3. 米大統領選の激戦4州、テキサス州に猛反論 投票無効を求める訴訟で

  4. 亡国法案「改正銀行法」の脅威!日本が外資の“草刈り場”へ

  5. 過去最大スキャンダル『パナマ文書』の秘密

  6. アジアで拡がる商用不動産の変化

  7. 日本は後進国と認める勇気…

  8. サラリーマン大家の危険な罠

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ