下落はじまる東南アジアの不動産市場

フィリピンの首都圏住宅市場で供給急増で
家賃が小幅下落に転じています。

家賃収入が下落しはじめるということは
不動産価格も同様に下落します。

これまで不動産価格は伸び悩んでいましたが
今後の東南アジアの不動産は
『危ない』と横森は警鐘を鳴らしました。

今後の東南アジア不動産の行方
について横森がズバリ分析した。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ビットコイン10万社受け入れ!仮想通貨の近未来とは?

  2. もうダリィので働くの辞めます!

  3. カジノ業界、資金洗浄の規制と次世代の通貨システム 

  4. 危ない仮想通貨取引所と仮想通貨

  5. 世界中で紛争勃発か?米軍撤退とイスラム過激派

  6. 高値相次ぐ新興国株に要注意!

  7. ロシア:プーチン大統領 VS アメリカ:トランプ大統領

  8. 新型コロナの世界経済崩壊!インフレかデフレか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ