台湾政権交代がもたらす中台関係の行方

台湾で16日、総統選挙が行われ、台湾独立志向の
最大野党・民進党が勝利をおさめました。

民進党は中国が台湾との交流の前提とする
「一つの中国」の原則を認めておらず、
中台関係がぎくしゃくする可能性があります。

この政権交代における中国と台湾は
どうなるのか?

横森さんの独自見解をお伝えします。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 急増する空き家と日本の未来

  2. 『通貨の信用≠裏付け』 通貨の信用とは?

  3. マイニング事業に投資するSBI北尾氏のビジョン

  4. 超金融緩和で衰弱する地銀の連鎖破綻シナリオ

  5. 香港ドルの通貨発行権 米中覇権争いの行方とは?

  6. 狂気的に融資する銀行の狙いとは?

  7. 石油メジャー:石油取引ブロックチェーン連合の結成の意味!

  8. 覇権国家から凋落するトランプ大統領候補

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ