質問758 中東危機によって石油価格急騰で日本経済への影響は?

ロシアとトルコ、イランとサウジアラビアの対立、中東がおかしくなってますが今後、ホルムズ海峡封鎖やブロック経済で原油価格暴騰で日本への悪影響ありますか?

質問758 中東危機によって石油価格急騰で日本経済への影響は?

音声ダウンロード(MP3) [1月8日収録]

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1066 フィリピンAPECOは信頼できる永住権プログラムか?

  2. 質問876 大不況を狙うインド株投資

  3. 第322回 オーストリア難民排除勝利!世界政治の流れ

  4. 質問942 ビットコイン先物市場が立ち上げられた裏事情 

  5. 質問 769 租税上条約のタックスヘブン税制の注意点

  6. 質問1026 為替と株式市場の関係性

  7. 質問1155 金、銀、ダイヤモンド? 資産保全の大切な考え方!

  8. 質問749 第三次世界大戦になったら中国とロシアは味方になるか?

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 1月 13日

    どうもバックでは、プーチン・サウジのアメリカのシェールガス潰しがあるとはにらんでいるのたが。
    まあ、40ドルがシェールガスの採算ラインで、もうアメリカのオイル産業は大混乱しているハズで、あとプーチンはアメリカの麻薬ビジネスをつぶしたがってるはずで、これはまあその気になれば空爆で定期的に輸送経路や工場をつぶせばいいはず。

    これでユダ金の資金源はパーなので、ドル破産の前に→ユダ金が一時的にドルを捨てゴールドに逃げて高騰(ロス茶は大喜び)と読んではいるがさて。

    でもやっぱプーチンはすごい。
    世界の歴史を変えてしまった。
    まあ、神様がこの世に送り出したといっても過言じゃないね。

    プーチンがいなければ、もうこの世は石油、麻薬、原子力、食料など事実上ユダ金に占領され、一般大衆は好きなように搾取されていたようなものだから。

    特にひどいのは実はアメリカで、あの遺伝組み換え、添加物まみれの食料品、医療費や養育費の高騰、麻薬の横行など、もう普通の人ではとても住みにくい世界になってるみたい。

    こういう事実を伏せているマスゴミも情けないが、電通に支配されているなら仕方ないか。

    • 希望
    • 2016年 1月 13日

    以下ジム・ロジャースの意見で、まあ自分に都合のいい意見ばかり探すことを確証バイアスといい困ったものだが、ちょっとぞっとする意見なので参考までに。
    なんせ、ジム・ロジャースの意見で理屈より現実の売買の世界で飯を食ってる人だし、理論派といえ正しい理屈を述べておられる吉田繁治先生の説ともまあ大筋一致しているので。

    以下黄金の金玉より抜粋(工作員HPなのでその趣旨には要注意だが、実はこんなことはありえないよという逆の洗脳が目的かも知れませんので。)

    ジム・ロジャースと言う人からです。
    この人は、2014年の段階で中国市場崩壊を言い当ててます。

    この人はジョージ・ソロスと組んでクォンタムファンドを作った人なので、
    国際金融資本のアジェンダも知ってるんではないでしょうか。

    以下は雑誌 東洋経済の記事からです。
    同じように2020年までに世界規模の経済破綻が来ると言ってます

    しかし東京オリンピック前に状況が悪化し始め、日本のみならず、世界のほぼ全土経済が破綻するでしょう。
    2020年までにまでに少なくとも1回は世界規模の破綻が起こります。
    正確な時期はわからないが、たぶん16年か17年でしょう。

    ー つまり国債が暴落する

    ー 破綻を回避する道は、今のところ、防ぐ手立てはありません。
    (金融暖和を)あと2年続けると、状況は今よりはるかに悪くなります。

    私も、こんな話はしたくありません。現実でなければいいと思います。
    しかし、これが現実なのです。
    皆に大きなツケが回ってきます。
    米国でも同じことが起こっています。
    そして、いずれは誰もが苦しむことになります。

    • 希望
    • 2016年 1月 14日

    まあ一番気になるのはFRBの実権をだれが握り動かしているかだが、イエレン議長だと思う人は誰もいまい。

    ただ、アホの安部とは違い、理解力は十分なのでユダ金がバンザイするときは、アメリカを実際動かすだろうが、今はどうなっているのだろうか

    日本も、アホの安部、その他の政治屋ども、マスゴミ、御用学者ども、いわゆる一般大衆、(B層)は、財政のことなどわかっちゃいない。

    へんな話、正確に理解しているのは、財務省の超エリートどもと吉田先生ぐらいか。

    財務省の超エリートどもは、絶対と言っていいくらい表には出ない。
    ただ、実権は持っているものの彼らにも限界はあるはずで、財政破産とは、実は彼らの限界点を指しているともいえる。

    それが2016~2018の間というのが吉田説だが、もう財務省もウルトラC
    はないはずなので、超緊縮か、ハイパーインフレか、または両方しか選択肢はないはずで、あとはその時期だけの演出だけだろう。

    ふと思ったが、アホの安部に悪役、つまり実は日銀による国債の直接買いとアベノミクスで最後のウソの好景気を演出させ、次期政権、オリンピック前ぐらいに阿部のせいにして財政破産、自民はその責任をとって選挙で大敗→解散、事実上の日銀傀儡新政権には、全責任を自民になすりつけて、財政破産後の政策を命令通りやらせる

    以上のシナリオが現に実行されているような気がするね。

    好き勝手にやってくれ、俺たちの生活に関係ないといえればいいが、今回については、そうはいかない。

    平たい話、多くの人間の貧困化が開始されるのだから。
    単純な話、国としては、借金すらできず、ばらまく金がないんだ。
    まあ、死ぬわけじゃないし、みんなで貧乏長屋で細々と仲良く暮らしましょう、となるわけだがさて。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ