インドのモディ首相、パキスタン電撃訪問の『裏話』

インドのモディ首相は昨年25日、パキスタンを
電撃訪問。パキスタンのシャリフ首相と会談しました。

両国が領有権を争っていたカシミール地方
を早期解決させ経済交流の拡大を探る

という『表向き』の報道がなされていました。

しかし、この不可解な電撃訪問の裏には
石油に纏わる『仕掛け』がありました。

この裏話を聞けば今後のインドの
経済発展が占えます。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中間選挙がもたらすアメリカ政治の変化とは? 

  2. 貧困に陥る専業主婦思想

  3. 成長期待のインドで迫る金融危機!

  4. 非課税になる投資優遇制度に騙されるな!

  5. 年間220兆円の不法取引:金融界の未来

  6. 米中武力衝突で日本崩壊リスクを想定せよ!

  7. 1946年の預金封鎖の現実

  8. 仮想通貨ブームの終焉:仮想通貨の未来とは? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ