アルゼンチン親米政権誕生から見る世界支配者の存在とは?

南米の新興国アルゼンチンで新政権が誕生しました。

12月10日に就任した中道右派のマウリシオ・マクリ大統領(56)の
経済政策は市場重視で、保護主義の反米左派政権から
大きく転換するとみられている。

主要な経済閣僚に民間で活躍したエコノミストや
ビジネスマンを配する「実務家内閣」を立ち上げ、
親米路線を歩みます。

いつになっても発展途上国は反米政権ができたと
思いきや潰され親米政権が誕生するという歴史を
繰り返しています。

支配者による影響力にはいつもいつも驚かされます。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

  2. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

  3. 外貨を稼げなくなった東南アジアの国家破綻シナリオを考える

  4. 世界経済の破壊時代のサバイバル術とは?

  5. 中東政策はアメリカよりロシアが主役か?

  6. トランプの閣僚人事で見る未来予想図

  7. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

  8. 海外に完敗の日本の『おもてなし』

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ