20年以内に日本の労働人口の半分が人工知能に奪われる100職業

車の運転
倉庫の在庫管理
工場の組立作業

などさまざまな分野で注目されている人口知能。

コンピューターやロボット技術の発展によって
企業は人件費削減によって利益の最大化
をはかることができます。

しかし、逆にいうと私たち人間の仕事が
コンピューターに
『奪われる』
ということになります。

10~20年後には日本の労働人口の約49%が
就いている職業において、人工知能やロボット等に
代替することが可能との推計結果が得られています。

もしあなたの職業がこのロボットに奪われる
100業種のリストに入っているのであれば
今からロボットに負けないスキルに
投資をしてください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  2. 認知症患者が日本経済を滅ぼす?

  3. 英EU離脱!裏勢力が死守したかった『ある』利権

  4. 中国、米国債売却でドル崩壊?

  5. 地方銀行:恐ろしい素人運用の実態 

  6. 日米貿易交渉の行方:TPPかFTAか?

  7. 過去4度起きた国債急落、歴史は繰り返す!

  8. 銀行法規制緩和 「窓口平日休み」の裏読み

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 12月 24日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ