20年以内に日本の労働人口の半分が人工知能に奪われる100職業

車の運転
倉庫の在庫管理
工場の組立作業

などさまざまな分野で注目されている人口知能。

コンピューターやロボット技術の発展によって
企業は人件費削減によって利益の最大化
をはかることができます。

しかし、逆にいうと私たち人間の仕事が
コンピューターに
『奪われる』
ということになります。

10~20年後には日本の労働人口の約49%が
就いている職業において、人工知能やロボット等に
代替することが可能との推計結果が得られています。

もしあなたの職業がこのロボットに奪われる
100業種のリストに入っているのであれば
今からロボットに負けないスキルに
投資をしてください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『中案米の自由貿易圏』創設に隠された策略とは?

  2. 中国で停電が相次ぐ そのワケは?

  3. 海外資産5000円以上、未報告の恐怖

  4. インフレの中FRBはいつまで緩和を続けるのか?

  5. 海外旅行にでる日本人、20代女性が牽引!

  6. インドで暗号資産が全面禁止!14億人が世界に与えるインパクト

  7. 対日感情が大きく変わった中国人 

  8. 中国、対米大豆の輸入減少…米中対立の行方と穀物市場への影響…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 12月 24日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ