流行っている『民白』稼ぐ落とし穴

訪日外国人の急増で東京や大阪では
ホテルや旅館が足りていないなか、
インターネット業者を介して一般住宅に
宿泊する『民泊』が急増しています。

民泊は旅館業法で禁止されていますが
政府は『民泊』の合法化にむけて議論が
スタートしています。

あまった空き家を民泊で収入源を
確保できる期待はあります。

しかし、あなたが民泊によって
稼ぎたいと思う方には横森さんが
下手に手を出すことは恐ろしい。

と伝えられるそうです。

もし民泊ビジネスを考えているかが
分かりますので
今すぐ確認してください。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  2. 最大の災害リスク国 フィリピンでのリスク管理法

  3. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

  4. 今、最も投資に適した国ベスト20

  5. 成長期待のインドで迫る金融危機!

  6. TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都…

  7. 世界大不況!あなたが保有すべき資産とは?

  8. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 12月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ