株式投資の『罠』から回避する方法

株式投資をやっていると皆、
底値で買うことを狙います。

「底値だと思って買ったらもっと下がった」

行動経済学的に分析すると、
「現状維持バイアス」の罠に陥ってしまいます。

これは、特に根拠がないにもかかわらず、
今と同じ状況が続いていくと思い込む心理。

株式投資をやる上で『底値』を意識
するほど大損してしまいます。

この音声を聞いて投資の罠に
陥らないマインドセットを手に入れてください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  2. イギリスのEU離脱:3つの理由

  3. アメリカ現代貨幣理論の支持拡大がもたらす未来

  4. プロレス系金融最大手がビットコインを意図的に下げる理由…

  5. 「5年以内に日本破綻」経済学巨匠が明言

  6. アメリカが持つ経済核兵器

  7. 東京オリンピック後に起きるもう一つの危機とは?

  8. マネーロンダリング規制に潜む国際金融家の策略

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 12月 10日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ