世界3位の国際通貨となった人民元の未来

国際通貨基金(IMF)は11月30日、
中国の人民元を米ドル、ユーロ、ポンドと
円に次ぎ、特別引き出し権(SDR)第5番目
の構成通貨として採用しました。

人民元の構成比率は5通貨のうち10.92%で、
円とポンドを抜いて第3位の位置づけになります。

第3位の国際通貨となった人民元にとって
今後、どのような意味をもたらすのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. フィリピン 外資規制変更による海外投資家への恩恵

  2. どうなる2019年!?米中関係

  3. ソフトランディング政策を解禁した中国の先行き

  4. 生命保険の正しい選び方

  5. 流行っている『民白』稼ぐ落とし穴

  6. 「有事の金」は本当か?世界の中銀で金(ゴールド)保有量が増加中

  7. 2020年どうなる?中国!

  8. 仮想通貨が導く未来、世界の流れから遅れる日本人

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 12月 09日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2015年 12月 09日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ