世界3位の国際通貨となった人民元の未来

国際通貨基金(IMF)は11月30日、
中国の人民元を米ドル、ユーロ、ポンドと
円に次ぎ、特別引き出し権(SDR)第5番目
の構成通貨として採用しました。

人民元の構成比率は5通貨のうち10.92%で、
円とポンドを抜いて第3位の位置づけになります。

第3位の国際通貨となった人民元にとって
今後、どのような意味をもたらすのか?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 安倍首相、矛盾だらけの所信表明

  2. ユーチューバーは燃え尽き症候群?ユーチューブの正しい戦略

  3. 日本不動産、売りか買いか?

  4. 財務省の海外法人税逃れ課税策の対策

  5. 新型コロナを予言した『ある』大学の裏話

  6. 赤十字が現地仮想通貨の開発に着手!新通貨の方向性とは?

  7. 東南アジア、躍進する経済特区の見分け方

  8. 「円安は景気にいい」は嘘!? 

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 12月 09日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2015年 12月 09日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ