富裕層を完全把握する国税の包囲網

国税は2016年1月までに富裕層の
海外財産を完全把握
するために
『包囲網』を
張っています。

5000万超の国外財産
国外証券口座へ株式・債券移管
1億円以上の株式保有者
国内外に3億以上の財産保有者

超富裕層の方たちはかなり
危ない道を渡らなければなりません。

つまり、

『国税の完全把握 = 財産没収』

富裕層にとっては
厳しい社会への突入です。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 次期CIA長官から見るトランプ政権の方向性

  2. 24年ぶりの高水準になった有効求人倍率の落とし穴

  3. 投資ファンドの社会的役割とは?

  4. 地銀が活用する私募投信のメリットとは? 

  5. 2020年中にデフォルトか?「禁じ手(国債直接購入)」に手を染めたアジ…

  6. アジア世界最大の自由貿易圏の誕生の裏側(プロレス的に解説!)

  7. 多国籍企業の徴税時代に儲かる投資先

  8. 英銀次期総裁がビットコイン忠告の裏読み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ