富裕層を完全把握する国税の包囲網

国税は2016年1月までに富裕層の
海外財産を完全把握
するために
『包囲網』を
張っています。

5000万超の国外財産
国外証券口座へ株式・債券移管
1億円以上の株式保有者
国内外に3億以上の財産保有者

超富裕層の方たちはかなり
危ない道を渡らなければなりません。

つまり、

『国税の完全把握 = 財産没収』

富裕層にとっては
厳しい社会への突入です。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 『通貨の信用≠裏付け』 通貨の信用とは?

  2. 年金破綻であなたができることはあるのか?

  3. 勤勉な日本人の優位性

  4. 日本企業はなぜアメリカに投資するのか?

  5. トランプ大統領がアマゾンを口撃する裏事情

  6. 国が狙う休眠預金の没収

  7. 米中軍:南シナ海の対立 VS 大西洋の合同演習

  8. 韓国の韓進海運の破たんから見る『ある』特殊事情

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ