国税が監視強化する相続対策のタワーマンション投資

最近、相続税対策として高層の
タワーマンションが
大人気です。

マンションの相続税評価額(土地)は、
敷地全体の評価額に、その部屋の
持ち分割合をかけて算出する。

そのため高層マンションは部屋数が
多いことから、1戸あたりの持ち分が
小さくなり、評価額を低く抑える効果があります

『相続税対策』

ということで今、タワーマンションは
バブル状態になっていますが、
実は国税庁が

『税負担の公平性』

に問題があるとして
注目しているそうです。

相続税対策のため
タワーマンションの購入を
検討されている場合は
十分気をつけてください。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. インデックスファンドの落とし穴

  2. TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都…

  3. 異常株価に学ぶファンダメンタルズ〜一般大衆にババを引かせる仕手筋〜

  4. マイホームを購入して貧乏になるワケ

  5. 2020年、不況はなぜ起こるのか? 

  6. 横森一輝が注目する唯一の仮想通貨

  7. エボラ流行!コロナに代わるパンデミックシナリオ?

  8. 合法化で盛り上がる民泊ビジネスの落とし穴

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ