老人貧困率9割社会から身を守る方法

超高齢化社会に入っている日本で
大きな問題となるのが『年金』

今の40代前半に当たる団塊ジュニアは
4割程度が非正規社員・従業員です。

平均年収は200万~400万円が中心帯ですが、
この水準だと、定年後の年金受給額は

月額8万~10万円

普通で考えて月10万円以下で
生活するのはほぼ不可能に近い。

よっぽどの貯蓄がなければ
定年後の老後生活を生き残ることはできません。

今の現状が続けば高齢者貧困率は9割
になるそうで、今から高齢者貧困に
ならないとための策とは?


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 自動車の未来像:本当に燃料から電気に置き換わるのか?

  2. 地銀の越境融資拡大!地方の崩壊危機

  3. 勤勉な日本人の優位性

  4. 地銀が活用する私募投信のメリットとは? 

  5. 世銀がブロックチェーン債券を発行する意味

  6. 中国の試練:中国はどう乗り越えるのか?

  7. 究極の監視社会の未来像 

  8. 日本の医師の半数『医療崩壊する』

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2015年 11月 07日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ