質問1083 朝鮮統一にビジネスチャンスはあるか?

【質問】韓国が北に統一されるとのことですが、今後朝鮮半島からの脱出をビジネス化することはどうでしょうか?

質問1083 朝鮮統一にビジネスチャンスはあるか?

音声ダウンロード(MP3) [8月31日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

8 Comments

  • ラスカル

    2019年9月6日

     まあ韓国が北朝鮮に吸収統一されるのは確実ですわ。ただ朝鮮人の難民相手じゃ、朝鮮語が話せる、読み書きできるという能力が必須。在日ちょんがそのビジネスを独占しますわ。純粋な日本人がやる商売ではないですな。

     特殊な外国語(英語、ドイツ語、スペイン語といったメジャーな言語じゃないもの)が得意なら、その特殊言語の国出身の在日外国人相手の、帰化申請の行政書士をやったらええ。今でもほぼ寡占・独占状態で「言い値ボッタクリ」でウハウハらしいぞ。ただアフリカとかのマイナーな言語な。

     ただ行政書士の試験に受からんと話にならんが。行政書士&マイナー言語の勉強があるから、数年で可能なビジネスではないわな。まあ何らかの事情で、たまたまマイナー言語が得意だったら、あとは行政書士の勉強だけで済むので、人生設計としては難しくない。

     ラスカルファンは頭脳優秀エリートばかりだから、中には元商社マンもおるじゃろ。マイナー言語国に数年間駐在して、そのマイナー言語をほぼ習得してしまった人もいるんじゃないか。行政書士の試験も行政法や憲法、民法とかの法律ばっかだから、有名大学の法学部出身ならば、ラクではないけど、大して苦労せずとも行政書士試験に受かるんじゃないか。

     アンチ・ラスカルどもは、そもそも自分や世の中の成り立ちを客観視できない奴らばっかだから、こんなのに努力しても玉砕するだけだから、辞めておけ!

  • ラスカル

    2019年9月6日

     あと英語と金融が得意な人も多いであろう、スーパーエグゼクティブ・ラスカル信者だけのために、もう一つ書いておきますわ。

     浅井隆が25年以上前から毎年毎年、日本破綻本を出版して、「海外ファンド買え」「海外口座作れ」って書いてたもんだから、浅井紹介の海外業者ファンドや香港・シンガポールのIFA仲介ブローカーから積立方式生命保険ファンド(フレンズとかハンサードとかエイジアスとか)を買っちゃった人たちが、わんさかいるんですわ。

     そんでもってシンガポールや香港の銀行口座開設とワンセットで、海外IFA経由で25年積立ファンドを契約しちまって、今になって解約したい人が続出ですわ。でもほとんどの人が英語が不得意なもんだから、現地IFAや海外ファンド業者本部と連絡を取ることが不可能。契約したときの日本人ブローカーは仲介手数料ウン十万円を貰って、あとはサヨナラ音信不通。

     そこで今、そういった海外ファンド解約難民が大量発生。その難民相手の海外ファンド解約ビジネスが、副業やサブ収入として結構ウハウハ状態ですぜ。ただそこそこの金融英語や法律の知識が必要だが、ラスカル信者の優秀な頭脳があれば、それなりに行けますぜ。

     貧乏金無し相手の半島難民なんか相手にするより、そこそこ金持っている解約難民を相手にした方がええですな。

  • ラスカル

    2019年9月6日

    【補足】

    >解約ビジネス

    解約「代行」ビジネスのことな。。。

  • ラスカル

    2019年9月6日

     ただこれも、解約難民がそこそこ落ち着いたら、需要もなくなるから、永久的なビジネスではないぞ。今だけな。浅井本の被害者が大量発生している今だけ。あと10年ぐらいなもんだろ。

  • ラスカル

    2019年9月6日

     ただ顧客はそこそこ金を持ってるから、副業で解約代行の顧客になってもらった後に、本業のビジネスの顧客になってもらうっちゅう作戦もありだぞ。

  • ラスカル

    2019年9月6日

     あと集客はネット中心だけど、すでに本業のホームページを持っているなら、その同じドメインサイトのサブページを、「海外ファンド解約代行」の文字がヒットするように作ればオーケーじゃね? まあ本業の信用力しだいやな。金持っている人は、仕事を頼む場合に、まずは信用できる人物かどうかを判断するからな。単純に金額が安いかどうかでは決めませんわ。すでに日本人仲介ブローカーにトンズラされて裏切られているからな。

  • ラスカル

    2019年9月6日

     働き方改革の法律(4月から)や最低時給の引き上げ、厚生年金加入基準の引き下げのおかげで、もう企業は「雇ったら負け」の体制に入ったからな。昨年秋から45歳以上の大量リストラが、多くの企業で実施されているのは、今のうちに解雇しないと、70歳まで雇う羽目になるからですぜ。近所の大工場はリーマンショックの前までは1000人規模の派遣社員で溢れていたが、今ではほとんどの作業をロボットがやっていて、単純作業の労働者は不要。ロボット管理をする正社員が少数必要なだけ。

     むかし労働者側から「働いたら負け」という用語が流行ったが、今は企業側から「赤字社員を雇ったら負け」ですぜ。利益を生み出さないクズ社員を抱えている余裕など無いんですわ。有能な正社員を少数雇って、あとは機械、AI、コンピューター、ロボットに任せた方が安上がり。単純作業しかできない人に、給料いっぱい払え、休みいっぱい与えろ、パートにも厚生年金に入れろって、もうね、そんな法律守っていたら潰れますわ。

     だからもう雇ってもらう発想では、これから生きていくのは大変ですぜ。特に45歳過ぎたら、ジ・エンド。韓国社会と同じやな。

  • ラスカル

    2019年9月6日

     知り合いの社長さんたちとかと話していると、ちょっと親しく話をするようになっただけて、「雇ってクレクレ乞食」に変貌する、単純作業すらマトモにできない人たちが多くなったってよ。ラスカル医院も同じですわ。ただ親しいっていうだけで雇うほど、余裕なんかありませんわ。まあ絶世の美女ならば、存在しているだけで集客してくれるから、他がどんなに無能でも「集客能力あり」と判断するけどね。判断基準は、その人を雇う事によって収益が上がるかどうかだけ。

Leave A Response