質問1076 海外居住者の円建て資金調達法

【質問】来年2020年、Libraの開始、東京オリンピック開催とあり、いよいよ日本の破綻、日本円暴落が直ぐそこまで来ました。日本円暴落すること前提に今のうちに銀行融資など低金利での借り入れを行い他通貨に交換したいと考えています。具体的には日本円を借り入れて全力Libra購入したいと考えております。しかし自分は今までの人生で融資というものを受けた経験が一切なく、どうすれば良いか?と思案している最中です。銀行融資および銀行融資以外も含めた円建て資金調達方法について教えていただけましたら幸いです。

質問1076 海外居住者の円建て資金調達法

音声ダウンロード(MP3) [7月21日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

13 Comments

  • ラスカル

    2019年8月12日

     香港のHSBCに金をおろしに来ただけなので、暇ですることがなく、JCBプラザラウンジでパソコンを借りて書き込んでいる。香港のデモで観光客が3割減らしいからな。JCBラウンジも客はずっとオイラ一人だわ。

     しかし小崎さんはオイラが書き込むと、いつも書き込んだ内容の話題の収録をすぐにアップするな。明日日本に帰国するから、帰宅したら日経新聞が8月10~12日の3日間連続でリブラの特集を組んでいるから、主要なとこだけコピペしといてやるわ。

     仮想通貨はビットコインがいいのか、イーサリアムがいいのか、MUFGコインがいいのかとか、そんな質問はナンセンスだわ。リブラにかないっこないわ。マイニングの仕組みを採用しない暗号通貨でっせ。資産の裏づけがあるから、バブルみたいな暴騰・暴落の急激な価格変動も少ないしな。

  • ラスカル

    2019年8月12日

    【資産の裏づけ】
    (ビットコイン)なし
    (リブラ)現金や債券

    【価格決定の仕組み】
    (ビットコイン)市場の需給
    (リブラ)主要通貨のバスケット

    【価格変動】
    (ビットコイン)大きい
    (リブラ)小さい

    【管理者】
    (ビットコイン)なし
    (リブラ)リブラ協会の主要企業

  • ラスカル

    2019年8月12日

    香港時間の今日午後4時から、空港デモ隊のせいで、本日離発着の全便が欠航になったわ。明日のJAL便はちゃんと時間通り飛んでくれるんかいな。

    まあJALとANAは去年の超大型台風の香港直撃でも、10時間遅れとかでも全便、積み残し客が出ない様に飛ばしてくれたからな。レガシーキャリアは運賃が高い分、こういう非常事態には安心ですわ。

    これが香港エクスプレスとかピーチとかジェットスターとかのLCCだと、欠航=放置=あとは自力で別の飛行機を手配して、勝手に帰ってね、チケット代は返すよ=あとは知らね、、、で終了だからな。

  • ラスカル

    2019年8月12日

    しかし日本円で借金して、来年リブラ買って、円高が進んでいる最中に、円安暴落に懸けて一点買いしようっていう発想がスゲーな。

    数年前に中国人民元の現金タンス預金の一点買いして、ラスカルさんに散々バカにされて、今は元安で財産減らしてる、どっかのお馬鹿さんの二の舞になりそうやな。

  • ラスカル

    2019年8月13日

     いやぁ~、何とか無事に定刻通り、飛んでくれて良かったわ。午後便にしといて当たりでしたわ。今日の午前中の便も、ほとんど欠航だったからな。LCC便は今日も一日、ほぼ全滅、全便欠航ですぜ。JAL便にしといて良かったわ。昨日の香港空港デモは、前日に決まったらしいから、想定外ですわ。ピーチとか香港エクスプレス便にしていた人たちは、自力で代替便の予約をしているらしいが、早くて2~3日後の便らしい。JAL便なんか昨日の夜中に飛んでくるはずだった便を、18時間遅れで飛ばして、本日の午前発の便の積み残し客が出ないようにしてたから、さすがですぜ。

     8月12日成田18:10⇒香港22:00の便を、8月13日成田12:13⇒香港15:32で運行したおかげで、その折り返し機材利用の本日、香港10:40⇒成田16:05の乗客を、香港17:05⇒成田22:26の救済運行で無事日本に帰国させたからな。多少、運賃が高くても、台風シーズンはLCCはやめた方が無難ですぜ。今回の香港空港のデモは想定外でしたわ。デモ集団が空港を埋め尽くして、乗客がチェックインできなくなってしまったからな。

  • ラスカル

    2019年8月13日

     今日の夕方からまたまた、香港空港がデモ集団に埋め尽くされ、夕方からの便が全便欠航になったから、恐怖ですわ。LCC乗客は、ど~すんのかね。ラスカルさんは、ほんの隙間時間で脱出できたので、運がよかったわ。

  • ラスカル

    2019年8月14日

    【出典:日本経済新聞 2019年8月10~12日 リブラ特集記事より】

    ▼20年前半の始動をめざすデジタル通貨リブラ。強みはなんと言ってもフェイスブックがもつ27億人もの顧客基盤だ。世界人口のほぼ3分の1に匹敵する数。サービスの利用者が多ければ多いほど使い勝手が高まる「ネットワーク効果」の点からは、どんな国よりも通貨の発行主体として有利な立場にある。

    ▼世界銀行によると、銀行口座がない人々は新興国を中心に世界に17億人いるが、このうち10億人は携帯電話をもつ。フェイスブックは、こうした人々がリブラを介して金融インフラにアクセスできると利点を強調する。国外に200ドルを送金するときにかかる手数料は平均約14ドルとの調査もある。出稼ぎする人々がリブラで家族に仕送りできれば、そうした負担も軽減できるという。

    ▼ただ前例のない規模のデジタル通貨に各国当局の警戒感は強い。フランスで7月に開いた主要7カ国(G7)財務相・中銀総裁会議は、リブラが既存の金融秩序に及ぼす影響に「深刻な懸念」を表明し「最高水準の規制」を課すべきだと訴えた。

    ▼リブラがめざすのは「ステーブル・コイン(安定通貨)」だ。価値をドル、ユーロ、円などの預金や国債で裏打ちし、これら通貨のバスケットと相場の動きを安定させる。資産の裏付けがなく需給で価格が乱高下するビットコインとは、この点が違う。

    ▼バスケットに含める通貨の構成などを決めるのは、リブラの発行主体でもある「リブラ協会」。スイスに拠点を置く非営利団体で、創設メンバーのフェイスブックや米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズ、カード大手のビザとマスターカードなどが名を連ねるが、民間企業の連合が金融システムに大きな力を及ぼすことにガバナンス上の問題を指摘する声もある。

    ▼リブラの普及により、国が通貨を発行する権限を握る「通貨主権」が揺らぐ、との懸念も出ている。特に経済混乱やインフレに見舞われた国では、企業や家計に敬遠された法定通貨が「外国の電子通貨に乗っ取られる可能性もある」と国際通貨基金(IMF)も警鐘を鳴らしている。

    ▼フェイスブックは将来的に、リブラの金融機能と各種データ関連サービスを組み合わせた事業展開を想定する。ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「私が心を躍らせている次のプロダクト分野は決済と商取引だ」と話す。「リブラ協会はフェイスブックや他のメンバーから独立している」としながら、フェイスブックが「全てのサービスでリブラを支持してゆく」と述べ、密接に連携する姿勢を示す。

    ▼一方、フェイスブックでリブラの開発を担当するデービット・マーカス氏らは米メディアに対して、交通、公共サービス分野のほか、「将来的にはより多くの金融サービスを提供し、他の収益源を生み出す」などと述べ、クレジットなどの与信、投融資への進出にも言及している。ザッカーバーグ氏は「リブラを立ち上げる前に、フェイスブックとリブラ協会は規制当局と協力して懸念を全て解決する計画だ」と強調する。

    ▼米格付け会社S&Pグローバルは、リブラの創業メンバーに大手カード会社が参加したことに注目。消費者に広く浸透すれば、リブラは企業の資金決済のあり方も変えるだろう、とみる。

  • ラスカル

    2019年8月14日

    ▼フェイスブックは解体論も出ている「GAFA」の一角。金融という強力な道具を併せ持てば経済・社会への支配力が過度に高まるのではとの懸念は根強く、米議会ではリブラの検討凍結を求める声も出ている。

    ▼フェイスブックもリブラの貯金や決済に使う電子財布アプリ「カリブラ」の運営会社を分社化し、取引から得られた金融情報を共有してターゲット広告に使ったり、第三者に渡したりしないと事業計画に記す。ただ「顧客の同意なしには」などの条件付き。特定目的で匿名データをフェイスブックに提供することもあるといい、不透明さも残る。

    ▼リブラが普及すれば銀行の収益を減らす可能性が高い。S&Pグローバルによると、もっとも打撃を受けるのは決済・送金サービス。グローバルでみた銀行業務の総収入の平均10~15%を占めるという。そのためか銀行はリブラの創設メンバーに入っていない。

    ▼ただ創設メンバー企業には大きな利益がもたらされる見通し。最大の収入源は金利収入。メンバー企業が準備金として払い込んだお金やリブラのユーザーが預け入れたお金は国債や預金で運用するが、そこから諸費用を差し引いた利益は配当のような形でメンバー企業に支払われる。中央銀行の通貨発行益(シニョレッジ)にも似た利益だといえる。

    ▼リブラは「超国家通貨」であり中央銀行のコントロール外にある。しかも、金利も付かない。このためリブラに大量のお金が集まれば、金利を通じてお金の流れと経済に影響を与える中央銀行が「金融政策の制御を失う可能性がある」とIMFは警鐘を鳴らす。

    ▼テロ資金対策もリブラ構想が明らかになった直後から、最重要課題に挙がっている。フェイスブックは国際ルールを守り、特殊なコンピュータープログラムなども活用して不正を防ぐとしているが、本人確認をどう徹底するのかなど疑問点は多い。各国は金融活動作業部会(FATF)などの専門機関で詳細を詰める見通しだが、有効な対策がとれるかは予断を許さない。

    ▼ハッキングによる資金流出やサーバー攻撃のリスクも無視できない。重要な金融インフラを担う巨大IT企業がサイバー攻撃に直面すれば、金融システム全般に影響が及ぶ可能性を国際決済銀行(BIS)は警告する。

    ▼仮にハッキングでリブラの資金が流出した場合、被害額が補填されるかは大きな関心事だ。リブラは独自の保険制度を設け、24時間体制で対応するとしているが、銀行の預金保護のような法律で定めた仕組みではない。

    ▼事業計画書によると、リブラは発行する通貨を100%法定通貨や国債で裏付けることになっている。ただリブラを現金化する動きが集中した場合に、そうした準備資産を売却して返済するための資金を確保することが技術的に可能なのか、不安視する専門家も少なくない。資金の流動性を保てなければ、金融システムの機能低下は避けられない。

  • ラスカル

    2019年8月14日

    【出典:日経ヴェリタスセレクトより】

    ・新しいデジタル通貨リブラは、国家を超える信認を得る可能性が否定できない。
    ・リブラを受け、中央銀行はデジタル通貨に積極的に関わることになりそうだ。
    ・民間デジタル通貨を抑える形で中銀デジタル通貨を発行する可能性がある。
    ・ただ民間のイノベーションが抑制されるリスクがあるなど、検討課題も多い。

  • ラスカル

    2019年8月14日

     また香港へ行った時に、同じ目にあった場合に備えて、解決策用に記事保管目的のためにコピペしておく。これはラスカルさん個人のリスク管理・保険用なので。読まんで、ええよ。

    【香港からどうしても帰国したい場合の解決策 マカオ・深セン・広州発に変更を】
    (出典:TRAICY 2019年8月13日 11:49 pm)

     香港国際空港で行われているデモ活動による空港機能の停止は、きょう8月13日に2日目を迎えた。

     成田国際空港が8月2日に発表した資料によると、夏休みを海外で過ごす人の出国ピークは10日、帰国ピークは17日だというものの、夏休みの計画に影響が出たという人もいるだろう。

     香港エクスプレス航空のウェブサイトによると、香港から東京2空港へ向かう1日6便のフライトすべてが、16日まで全便満席状態。きょう13日も多くのフライトが欠航しており、運航状況や振替など今後の状況は見通せない。今回は、香港国際空港で足止めを食らってしまった、どうしても帰国したい人向けに解決策を示したい。

    【マカオから帰国する】

     香港からフェリーや橋を経由して車でアクセスできるマカオから帰国するという手もある。以下に挙げる方法の中では、最も空港にアクセスする難易度は低いものの、日本への直行便の数は広州に比べて大幅に少ないのが難点で、フライトを確保してから余裕を持って向かうようにしたい。

     マカオへは、香港からフェリーでアクセスできることから、市内で行われているデモの影響を極力避けることができる。マカオでは、フェリーターミナルから空港までタクシーで移動が可能。香港ドルも使用できるため、以下に挙げる中国本土を経由するより、心理的負担は少ないだろう。

     マカオからは、マカオ航空が東京/成田・大阪/関西・福岡へ直行便が飛んでいるほか、上海や台北、高雄、ソウル/仁川など、ゲートウェイとなる各都市へ乗り入れているが、狙い目は、チェジュ航空の務安、大邱といった韓国の地方都市へ向かう便だろう。

     8月14日の午前2時台にマカオを出発し、務安経由で東京/成田へ向かう場合、午前10時台には到着できる。チェジュ航空のウェブサイトでは2区間を別々に予約する必要があるが、マカオ〜務安間は1,692マカオ・パタカ(約22,030円)、務安〜東京/成田間は57,800ウォン(約4,980円)の計約27,000円で予約ができる。

     この他に、航空券比較サイトのスカイスキャナーによると、14日発の東京行き最安値は、マニラ経由では54,390円、直行便では79,323円と比較的割高だ。

    【広州から帰国する】

     香港から高速鉄道でアクセスできる広州から帰国するという手段もある。香港西九龍駅から高速鉄道を利用するほか、ホンハム駅から地下鉄(MTR)を利用するなど、様々な手段で広州へ向かうことが可能だ。

     スカイスキャナーによると、14日発の東京行き最安値は、キャセイドラゴン航空とキャセイパシフィック航空による香港乗継便だった。香港経由を除くと、ソウル/仁川経由では40,490円、直行便では75,377円となる。

    【深センから帰国する】

     深センにも、香港から高速鉄道や橋を経由して車でアクセスできる深センから帰国することもできる。香港西九龍駅から高速鉄道を利用する場合、深センまでは20分弱とアクセスに優れている。

     スカイスキャナーによると、14日発の東京行き最安値は、中国国際航空の上海/浦東経由の66,950円、直行便は深セン航空の156,995円と最も割高だった。

    【LCCは基本的に後続の空席便を利用することになる】

     香港エクスプレス航空やジェットスター・ジャパン、ピーチなどの格安航空会社(LCC)の航空券では、欠航時に振り替られるのは自社便の空席がある後続便であることから、後続便まで待てない場合、自己手配で帰国するのが最も早く帰国する手段になる。

     一方で、香港を拠点とする最大の航空会社である、キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、香港を経由して第三国へ向かうフライトの予約客に対し、フライトへの影響が発生している場合、直行便などの代替ルートに振り替えを行っている。香港最大のLCCである香港エクスプレス航空は、フライトのみならず路線の変更にも応じている。

     影響を受けたフライトの航空券代金は全額払い戻されることから、カウンターやコールセンターで振替手続きをすることなく、インターネット上で航空券を新たに予約したほうが、次にすべき行動が明確になるという利点もある。

  • ラスカル

    2019年8月14日

     ああ、そうだった。せっかくの経済倶楽部用の重要ネタを書き漏らすところだった。香港の抗議活動が6月から続いているだろ。その抗議活動の種類には、デモの他に「香港の銀行口座から、一斉に預金を引き出せ」っちゅうのがあってだな、そういった情報を察知した海外の投資家が、どんどんと資金を引き揚げてるんですわ。

     HSBC口座の一番下のグレードの「パーソナルインテグレーテッド(旧スマートバンテージ)」の口座維持手数料が8月1日から撤廃されたんですぜ。それまでは預金額が5000HKD以下になると、月額60HKDの口座維持手数料が必要だったのが、それを撤廃ですぜ。

     まあ最近はたまにしか経済倶楽部に書き込まんから、横森さんも解説してくれない重要ネタを、HSBC香港の口座をお持ちの方々が多い、スーパーエグゼクティブのラスカル信者の方々に教えておきますわ。

     ラスカルさんもHSBC香港から、完全に資金を引き上げですわ。将来的には、香港は中国から独立するんでね~の?シンガポールみたいに。

     中国本土も一枚岩でいかないからね。習近平も敵がいっぱいいるし、失脚したら逮捕されて死刑になる流れだもんな。いずれ各軍区ごとに内乱になって、それぞれが独立国家になるんでないかい。旧ソ連みたいに。人民元の現金タンス預金なんぞ、笑っちゃうわ。

  • ラスカル

    2019年8月24日

     中田敦彦のYouTube大学(チャンネル登録者82万人)

     動画タイトル『仮想通貨の未来とは?Facebook「Libra」が世界の通貨を支配する。~後編』は見ておいた方がいいぞ。「マイニング事業と中国」についても語っているぞ。

  • flashstar

    2019年8月24日

    ラスカルさん、お久しぶりです、おはようございます!

    > ああ、そうだった。せっかくの経済倶楽部用の重要ネタを書き漏らすところだった。香港の抗議活動が6月から続いているだろ。その抗議活動の種類には、デモの他に「香港の銀行口座から、一斉に預金を引き出せ」っちゅうのがあってだな、そういった情報を察知した海外の投資家が、どんどんと資金を引き揚げてるんですわ。

     HSBC口座の一番下のグレードの「パーソナルインテグレーテッド(旧スマートバンテージ)」の口座維持手数料が8月1日から撤廃されたんですぜ。それまでは預金額が5000HKD以下になると、月額60HKDの口座維持手数料が必要だったのが、それを撤廃ですぜ

    貴重な情報をありがとうございます!

    最近は、香港から九州に不動産の買い付けや移住の問い合わせが殺到しているそうです。

    しばしば、堀江貴文さんが、「中国人が土地を買っても、持っていけるわけでもないし、
    政治的に影響力、もしくは、日本の生活に影響を与えることができないから、問題ない。」

    とおっしゃっています。

    しかし、私は、土地と一緒に本人も来られると、大分、様相が変わってくると思うのです。
    九州にチャイナタウンができてしまいそうで。堀江さんは「どうせなら北海道のほうに・・・。」
    とか思ってそうw

    というか、もう中国人に山林を買われている頃にこれはヤバいっと、察知していましたが、
    国や自治体が何か、対策を講じられなかったのかなって思います。
    具体的どう対策するかっていうか?というところは難しいでしょうけど。

    香港人に移住されたら、彼らに日本が乗っ取られそう。日常生活レベルで・・・。

    >スーパーエグゼクティブのラスカル信者の方々に教えておきますわ。

    スーパーエグゼクティブのラスカル信者の方々のために、最新の質問の
    コメント欄ではなくて、あえて、1ページ戻らなくてはいけないここの
    コメント欄に書き込まれたのですね!その粋な計らい、わかりますww

Leave A Response