質問1003 仮想通貨マイニング、半減期で報酬半減?

【質問】懸念材料として、ビットコインなど主力の仮想通貨は、採掘可能量(発行総額)があらかじめ決まっているという点がある。決済の正当性の証明に対する報酬が徐々に減りいずれはほとんどなくなる。ビットコインでは、これまで発行額に応じて報酬が半減し、その半減周期は約4年だった。これが続く限り、いずれ報酬は投資に見合わない額になる。マイニング用ハードウエア事業は、市場規模の縮小が確実なのだ。

質問1003 仮想通貨マイニング、半減期で報酬半減? 

音声ダウンロード(MP3) [10月11日収録]

【仮想通貨マインング事業実践会2(審査性)】
( 2018年11月23日-11月25日 @深セン )

詳細、申し込みはこちらをクリック

仮想通貨マイニング事業実践会2の詳細

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

2 Comments

  • ラスカル

    2018年10月26日

     流れで見たニュース記事を、新聞社が掲載期限切れで消去する前に、保管目的で貼っとくぞ。

    【“一見客”の海外送金お断り 北朝鮮対策、地銀が強化】
    (2018年8月18日:産経新聞)

     地方銀行がマネーロンダリング(資金洗浄)対策として現金の持ち込みによる海外送金を相次いで停止していることが21日、分かった。人手が少なく管理体制が不十分な地銀では経済制裁の網をかいくぐった北朝鮮への不正送金とおぼしき事案も発生。口座を持たない“一見客”への対応を取りやめることで抜け穴になるのを防ぎたい考えだ。

     群馬銀行は6日から、現金による外国送金を停止した。関係者は「身元をしっかりと確認して、出所が分かるお金しか預からないことにした」と明かす。

     同行では、口座の取引履歴などから資金の流れが確認できない場合、顧客の給与明細や他行の通帳など原資を説明できる資料の提示を要求。仮想通貨交換業者が関与した海外送金の取り扱いも停止した。仮想通貨をめぐっては、国内の不正流出事件で北朝鮮の加担も疑われている。

     青森銀行は1日から1千万円以上の現金による海外送金を停止。7月6日に現金送金を一律停止した千葉銀行は「依頼日直前に口座入金した現金」についても扱わないことにした。

  • ラスカル

    2018年10月26日

     埼玉信金の海外送金マネーロンダリング事件(2年間で18億円)の金融庁立ち入り検査は、ありゃ~他の地方銀行に対する見せしめだった訳だ。送金先は香港が一番多かったらしいからな。どうせHSBC香港だろ。HSBC香港なんて、もうおっかなくて、大金を置いておく場所じゃね~わ。

     「私はHSBC香港の口座を持ってます」=「私は~~(以下略)」

    って間接的に白状しているもんだわ。

Leave A Response