質問1000 仮想通貨マイニング、ブーム終焉?

仮想通貨マイニング事業リスク
についてお伝えしたところ、

「仮想通貨ブーム」終わる?

という記事を紹介頂きました。

仮想通貨やそのマイニング(採掘)
は「ブーム」でしかないとの見方に
対して横森の見解をお伝えしました。

質問1000 仮想通貨マイニング、ブーム終焉?


音声ダウンロード(MP3) [10月11日収録]

 

【仮想通貨マインング事業実践会2(審査性)】
( 2018年11月23日-11月25日 @深セン )

詳細、申し込みはこちらをクリック

仮想通貨マイニング事業実践会2の詳細

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

3 Comments

  • ラスカル

    2018年10月15日

     相変わらず、肝心な皆さんの疑問点に答えてないな。マイニングがブームで終わるかどうかなんて気にしてないだろ。論点をずらして誤魔化すなよ。皆が気にしてんのは、世界的なマイニングの将来性じゃなくて、日本国内で個人がマイニングビジネスで、それなりのお金が残せるかどうかが一番重要。

     問題なのは日本在住の日本人(個人)が、ホテル代と交通費を掛けて中国のマイニング機器(パソコンじゃないよ。パソコンはコマンド操作だけ)を40万円分購入して、日本国内で家庭用100ボルト電力を使用してビジネスとして成り立つかどうかが問題なんじゃないのかい。

     そりゃ~資本力のある北海道の中小企業の社長さんが、マイニング機器(電気を食うぞ)を2000万円分とか大量購入して、工業用200ボルト電力を使うならば、ビジネスとして成り立つだろうが、個人のショボイ資本力で細々とやって、割高な電力料金で、大阪や福岡の真夏の気温も考慮して、利益がどれほど残るんかいな。

     今度の参加者全員にお願いなんだが、2年後に・・・

    1.マイニング機器は2年間、故障もせずに無事に稼働し続けてくれたのか。
    2.毎日何時間、機器を稼働させて、いくら稼いで、どのくらいの電気料金が掛かったのか。(機器のためだけに使ったエアコン使用の電気代を含む)
    3.自分の元々の年収に加算して、マイニングで稼いだ金額を合算して、機器の減価償却を控除して、どのくらいの所得税と住民税がどれだけ増えたのかと、国民健康保険加入者の場合には、国保税(中年は介護保険料も)がどれだけ増えたのかを報告して欲しいわ。あとサラリーマンの場合、税務署にきちんと事業開設届を出したのか、償却資産届を市役所に出したのかも、正直に報告して欲しいわ。(事業に必要な機械類を減価償却で経費算入する場合には、償却資産届の提出が必要)

    ・・・以上を、ここのコメント欄でも、何とかちゃんねるの掲示板でも構わないから、匿名で書き込んで欲しいわ。

  • ラスカル

    2018年10月15日

     ネットでマイニング機器の消費電力を見ておいた方がええで。一番小さいタイプのものでも、ぶったまげる程の電力を消費しますぜ。ワット数でも、アンペア数でもええから、自宅のエアコンや電子レンジや冷蔵庫と比較してみたらええわ。

     あれを見たら、規模のメリットが生かせる「大量のマイニング機器」と「200ボルト工業用電力」の両方を組み合わせられる、資本力のある中小企業しか、それなりのビジネスメリットを感じられませんわ。日本在住の日本人個人が、家庭用100ボルトでやるには、他人が2年間の稼働実験をやってからのデータを手に入れてからですな。

     世界的な将来性はあるだろうが、日本人の個人がビジネスとして確立するためには、もう少し検証が必要ですわ。いいか、論点はブームが終わるかどうかじゃないぞ。一般論としての将来性でもない。自分個人としての個人ビジネスの将来性だ。そこが論点なんだよ。

  • ラスカル

    2018年10月15日

     要するに「コンビニ業界(本部)の事業将来性」と「コンビニ経営者(オーナー)の事業将来性」は別物だから、それと同様に思考した方がええっちゅうこった。

     みんな起業して半分以上は3年以内に事業撤退するんですぜ。10年以上生き残れるのは数%なんですわ。みんな自分の事業計画や将来性はかなり熟慮して、一大決心して少なくはない資金を投入して起業したのにも拘わらず、何年後かには泣く泣く事業撤退しているのが大半なんですわ。だから数学的な試算は、かなり深いところまでやるのが生き残りのコツなんですぜ。

Leave A Response