質問918 日本破綻?屁理屈はあなた方です

【意見】また親子に例えているが、日銀は国債を買い取っている。買い取っているということはもう対価は支払われている。支払ってあるのに、親子以外の第3者が金返せ、などというわけがない。なぜこんな簡単なことを理解できないのか。

一億円が100万円、1万円になるほどのインフレ、どれくらいの期間でそうなるのかを想定しての発言か知らないが、物価が100から10000倍になるという発言。馬鹿臭くて話にならない。

日銀が国債の三分の一も購入した現在でもマネタリーベースは2倍になっただけ。しかも物価が2倍になっていないことからも分かるように、マネタリーベースが増えたからといってインフレにはならない。マネーストックが増えない限り。現状マネーストックは緩やかに増加しているだけ。
つまり、全部買い占めることが可能な民間金融機関保有の国債をすべて買ったとしてもマネタリーベースが4倍、5倍になることはあっても、マネーストックが4倍、5倍になることはありえない。つまり、物資の供給量が同じなら価格も4倍、5倍にすらならない、ということ。
普通に考えればこれくらいの簡単なこと、理解できるものだと思うが。この方々は何を根拠に物価が100倍にも一万倍にもなると盲信しているのだろうか?

なぜ今ある国債を10分の一、100分の一にしなければならないのか。ただでさえ日銀が買取り、流通量が減っているのにこれ以上減らす意味がない。超低金利とはいえ、国債を購入したい金融機関など山ほどいるのにこれ以上流通を減らしてどうする。
まったくもって支離滅裂。

質問918 日本破綻?屁理屈はあなた方です

音声ダウンロード(MP3) [9月1日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

26 Comments

  • ラスカル

    2017年9月12日

     第一次大戦後のドイツ、第二次世界大戦後の日本、ロシア、ジンバブエ、アルゼンチン、トルコ、韓国、、、、全部、破綻の前提条件やハイパーインフレ、じわじわインフレの前提条件が、それぞれまったく違うのだが。

     全部、前提条件が同じなら、前例があると断定して、自然科学の論理性の様に矛盾もなくなるのだが、前提条件が違うのに「同じ」と言い切るのが、社会科学の論理性のイタイ点やな。自然科学(理系)は仮説の矛盾を実験や測定で証明できるが、社会科学や人文科学における仮説の矛盾は、時間の経過が進んで、未来から過去を検証する以外、証明できないからね。何とでも言えますがな。

     英仏、中国がガソリン車をなくすとか言ってるし、何でハイパーインフレになるほど原油価格が上がるのかわからん。何で中国がインフレになると、日本がハイパーインフレになるのかもわからん。もっともらしく理系っぽい論理性を語っているが、所詮は社会科学の論理性よ。ただの主観の論理性にしかすぎない。理系の学会発表では、袋叩きと嘲笑にあってしまうレベルの論理性やな。

     4~5倍のインフレはあるだろうが、日本はハイパーインフレにはならんよ。1万倍のハイパーインフレってwww おいおい。

     低脳ジンバブエや、敗戦と巨万の賠償金のドイツ(第一次大戦後って、おいおい、いつの話だよって)を前例に出されてもなあ~。浅井隆ならファンド買わせるための、脅し文句になるだろうが。

  • ラスカル

    2017年9月12日

     この音声の雰囲気から、小崎さんも、さすが理系だけあって、横森理論の解説がよく理解できていないみたいやな。

     安心せぇよ!。オイラもこの横森解説が、さっぱり理解できとらんから。www

     まあ文学部卒と高卒の人たちには、よぉ~く理解できたと思うが。

  • ラスカル

    2017年9月12日

     あと高偏差値・理系学部卒のカルガリー教授や、西谷クオンツも、たぶん理解できていないと思うぞ。

  • ラスカル

    2017年9月12日

     まあ線路脇で火災が起きて、非常ボタンを押して、火災現場の真横で小田急線の電車を停止させてしまった警察官も、主観的論理性に間違いはないからね。

     運行指令室からの命令で、火災現場から列車を動かそうとしたのに、電車の屋根に火がついたからといって、車掌に「停めろ!」と命令して、最後尾の車両を燃えさかる炎の真横で再度、停車させた消防士も、主観的論理性は正しい行為。

     でもこのニュースを見ていた全国の視聴者は、「この警察官と消防士って????」という冷たい視線。どんなに主観的論理性が正しいと思っても、結果があれじゃぁねぇ~。

     小田急線の乗客だけではなく、直通運転の千代田線や常磐線の乗客まで巻き添えを食らわせたからな。

  • flashstar

    2017年9月12日

    こんにちは!

    ラスカルさん、お久しぶりです。

    私は日本の財政破たんをリスクと称して、1つの側面として話されている横森さんと
    日本破たんを全面(全方位)に出して話されていた昔の横森さんとの対比ができて、
    とても面白・・・いや、興味深いですw

    あと「デフレ期に信用創造」ができるというのは、中央銀行がマネタリーベースを
    増やせるの間違いだと思います。正確には増やしても通貨に信用があるから問題に
    ならないという意味です。

    通貨の絶対量が増えないと信用創造は起こりにくいですから。
    経済成長するためにインフレは必要ですし。

  • ラスカル

    2017年9月12日

    >私は日本の財政破たんをリスクと称して、1つの側面として話されている横森さんと
    日本破たんを全面(全方位)に出して話されていた昔の横森さんとの対比ができて、
    とても面白・・・いや、興味深いですw

     よ~く読んでみたら、flashstarさんも、さらりと遠回しな嫌味を言うんだなww

  • ラスカル

    2017年9月12日

    >デフレが行き着くところまで行って、そこからチョコッとインフレになったらハイパーインフレ

    ・・・・この理論がさっぱりわからん。

    >過去に起こっていることは、みんなそうなの。。。

    ・・・・そうなの?www
    ・・・・その過去に起こったという、みんな全部、事例をすべて挙げてくだちゃい!。
    ・・・・ただし現在の日本と同じ前提条件でお願いしまつ。

  • ラスカル

    2017年9月12日


     これは横森さんイジメではなく、大学内研究発表やカンファレンスや診療科別スタッフミーティングで、ごく普通に見られる光景でつ。

     研究所で働いているカルガリー博士なんか、もっと凄い理論合戦をサバイバルしてきた人生を歩んで来ているはずなんでつ。

     なんか社会科学の世界って、「ミツバチは花で蜜を集めます。だから花に近づくと蜂に刺されます」っていう、理系の人間からしたら「んっ?」という理論を、当たり前の様に、当然の常識の様に喋るからツッコミどころ満載なのでありまちゅ。

  • ラスカル

    2017年9月12日

    【アマゾン・キンドル購入履歴から、販売促進宣伝メールが届いた】

    ラスカル 様

    以下のおすすめ商品は、お客様がこれまでに購入された商品、またはご覧になられた商品に基づいて紹介させていただいています。

    『勝者の心構え:精神科医が看破する投資の本質』310円

    【まあ310円だから、ハズレ引いてもいいかって思って、買ってみた】

     こりゃ108円レベルやな。ページ数は少ないし、310円は高いわ。でも横森本にはない内容も書かれているし、論理性もあるから、いいけど、310円はボリすぎですわ。オイラよりも2回りも若いから、「ゆとり」突入前後の世代やな。Kindle買わせてメルマガ登録させる手法は、横森本と同じ手法や。

     そんでもって、宣伝しているブログを読んでみたら、経済倶楽部のパクリかと思えるような内容だったわ。う~ん、この人物に関しては、なんとも言えんわ。

    「ヘッジファンドなんて大したことない」

    「こうして見てみると、ヘッジファンドは必ずしも何か特別な手法を使って運用をしているというわけではないということが分かります。」

    ・・・とか、なんか横森さんを意識してんじゃね~のか、経済倶楽部の会員か?っちゅう予感もするのだが、真相はどうか知らん。アンチ横森という気がしないでもない。

  • ラスカル

    2017年9月12日

    「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」: 精神科医が暴く金融業界の裏側

    っちゅうKindle本(310円)もあるらしいのだが、また108円レベルの様な気がするから、買わないでおくわ。

  • flashstar

    2017年9月12日

    >デフレが行き着くところまで行って、そこからチョコッとインフレになったらハイパーインフレ

    ・・・・この理論がさっぱりわからん。

    トリクルダウンがうまくいっていないから、インフレにならずに済んでいるというイメージで
    考えるとわかりやすいと思います。

    例えるなら、シャンパンタワーのグラスに上からシャンパンを注いで底辺まで行き渡らないのは、
    一番上のグラスがどんどん大きくなっているから滴り落ちない。だから、そのおかげでインフレに
    ならずに済んでいて、もし、大きなグラスからシャンパン(マネー)があふれて底辺(世の中)まで
    滴り落ちて底辺まで満ち満ちた状態の時は、もう手遅れで、すでにインフレ状態に考えるとわかりや
    すいと思います。

    >そこからチョコッとインフレになったらハイパーインフレ

    これは、おそらく国際機関からの勧告によるマーケットの円売りからのダムの亀裂から生じる
    決壊のようなものを指すのでしょう。

    普段は権力を嫌っているのに、日本破たん、マーケットの円売りからのインフレリスク理論を
    死守するために都合が悪くなったら、IMFやBISなどの権力にすがって、どうにか自らの理論を
    正当化しようとする横森さんの一番の悪い癖です。

    「チョコッとインフレになったらハイパーインフレ」等、抽象的な言葉が出てきたときは、
    マーケットの話題になって、横森さんがインフレの明確な根拠(トリガー)を示せないときで
    あると私は理解しています。

    最近は、国際機関等の権力にすがる代わりにリスクがあるという一般的で口当たりの良い言葉を
    多用されるようになりましたが。

  • ラスカル

    2017年9月13日

    >例えるなら、シャンパンタワーのグラスに上からシャンパンを注いで底辺まで行き渡らないのは、一番上のグラスがどんどん大きくなっているから滴り落ちない。

     これNHKスペシャルでアナウンサーがデモしたやつやな。ww

    >大きなグラスからシャンパン(マネー)があふれて底辺(世の中)まで滴り落ちて底辺まで満ち満ちた状態の時は、もう手遅れで、すでにインフレ状態に考える

     底辺まで満たされるとインフレになるのはわかるが、何で「手遅れ」でハイパーインフレになるんだ? お金が循環してるんだから、4~5倍のインフレになっても、仕事が増えていいじゃないか。

    >国際機関からの勧告によるマーケットの円売りからのダムの亀裂から生じる決壊のようなもの

     何で対外借金がないのに、国際機関からの勧告を受ける義務が生じるのかわからん。何でダムが決壊する程のハイパーインフレ、ハイパー金利上昇、ハイパー円売りになるんだ? 横森理論のインボイス、詳しい明細を発行してもらわんと、さっぱり理解できん。

    >円売りからのインフレリスク理論を死守するために都合が悪くなったら、IMFやBISなどの権力にすがって、どうにか自らの理論を正当化しようとする
    >抽象的な言葉が出てきたときは、マーケットの話題になって、横森さんがインフレの明確な根拠(トリガー)を示せないときで
    >リスクがあるという一般的で口当たりの良い言葉を多用

     なんか切れ味がシャープな、鋭いツッコミやな。ww

     YouTubeでアンチ横森な投稿したミッチーさんに、経済倶楽部で『公開処刑』しようと画策したのに、逆にここで横森さんが公開処刑されとるやんけ。ブーメラン効果さまさまやな。

     Youtubeの投稿なんか、ほとんどの人が読まずにスルーしてんだから、横森さんも小崎さんもスルーすればいいものを、わざわざここで公開処刑しようとするから、『人を呪わば穴2つ』やな。

  • ラスカル

    2017年9月13日

     もしかして、あれなのかいな? 日本がハイパーインフレで悲惨な地獄になってもらわないと、横森さんの人生設計やフィリピンビジネスに悪影響でもあんのかいな?

     一番人気騎手の落馬を期待して、大穴1点買いでもしてんのか?

  • flashstar

    2017年9月13日

    >底辺まで満たされるとインフレになるのはわかるが、何で「手遅れ」でハイパーインフレになるんだ? お金が循環してるんだから、4~5倍のインフレになっても、仕事が増えていいじゃないか。

    いやね、私も仕事が増えていいと思うんですけど、横森論を翻訳すると、こうなるのかなってw

    横森論によると、日銀がインフレターゲット2%を達成した時にはそれ以上のインフレ、つまり、
    じゃぶじゃぶになりすぎちゃった状態になってしまって「手遅れ」って意味です。物価目標って、
    達成する頃にはそれ以上になって物価をコントロールできなくなるらしいですよ。まだ、実際に
    達成してないのでわかりませんが。

    >何で対外借金がないのに、国際機関からの勧告を受ける義務が生じるのかわからん。

    私も国際機関の勧告など無視すればいいと思うのですが、なぜだかわかりませんが、横森さんは
    無視できないと思っているようです。

    >何でダムが決壊する程のハイパーインフレ、ハイパー金利上昇、ハイパー円売りになるんだ? 横森理論のインボイス、詳しい明細を発行してもらわんと、さっぱり理解できん。

    マーケットの理論で説明されているのだと思います。

    仕手筋は最後の最後には失敗して自爆するのだそうです。今の国債買いの最大の仕手筋は日銀だそうですから、
    空売りを仕掛けようとしている海外の仕手筋は、日銀が国際機関からの勧告を受けて買えなくなるときを息を
    殺して待っているそうですよ。
    そして機が熟したら、現物売りを呼び水にしてメガバンク等が保有している国債を売らせることで、暴落させる
    そうです。

    要はメガバンク等のディーラーの感情に働きかけるそうです。ディールの世界は1分1秒が勝負の世界だそうですから、
    理屈で考える暇はなく、感情で動かざるを得ないそうです。

  • ラスカル

    2017年9月13日

    >仕手筋は最後の最後には失敗して自爆する

     まあ確かに、過去に日本国債売りを仕掛けたファンドは、すべて全滅したが。それを日銀(表向きは株式会社、実際は日本の政府機関)に当てはめて、同じように作用するという仮説が何で正しいと言えるのかわからん。

     先日、iPSの山中教授の特集番組を見たんだが、山中教授が多くの仮説を立てて、たくさんの実験をしたが、ほとんどが仮説とは全く違った実験結果が出て、それが面白かったって言ってたな。

     割と法則性の多い自然科学分野の実験でこれですぜ。社会科学の、しかも過去のパターンが通用しないことなんていっぱいある投資の世界で、しかも日本国債取引に関しては、過去のパターンを、しかも前例のない日銀にも通用させてしまうんだな。

  • ラスカル

    2017年9月13日

    >機が熟したら、現物売りを呼び水にしてメガバンク等が保有している国債を売らせることで、暴落させるそうです。

    ・・・なんやねん。希望とコシミズのお花畑理論かと思ったら、言い出しっぺは横森さんかい。希望にも言ったが、どうやって世界中のファンドマネージャーが結託して、顧客から預かった資金を危険にさらしてまで、同時多発的にハイパーインフレになる程の売り浴びせが可能なのかを知りたいわ。横森さんは世界中のファンドマネージャーにインタビューして、同時多発・日本国債売り浴びせテロに参加しますっていう念書でも取ったのかよ。

  • ラスカル

    2017年9月13日

    >メガバンク等のディーラーの感情に働きかけるそうです。

     今では多くのファンドや金融機関ではAIを使っているのに、仕掛ける方も、仕掛けられる方も、どうやって「感情に働き掛けられる」のかが、まったくわからん。

    >ディールの世界は1分1秒が勝負の世界だそうですから、理屈で考える暇はなく、感情で動かざるを得ないそうです。

     1分1秒ではなく、1000分の1秒の世界なのに、コンピューターを使わない取引は、今どき無理じゃろ。10年前に言うのなら納得できるが、現在でこの感情論を出すなんてアホやで。

  • flashstar

    2017年9月13日

    > 割と法則性の多い自然科学分野の実験でこれですぜ。社会科学の、しかも過去のパターンが通用しないことなんていっぱいある投資の世界で、しかも日本国債取引に関しては、過去のパターンを、しかも前例のない日銀にも通用させてしまうんだな。

    理系の方々にお話を伺っていると、彼らは実験で得たデータを法則性をを裏付けるための保険程度にしか
    とらえていないように感じました。つまりデータから得られる相関関係は因果関係の担保程度、もしくは、
    それ以下のものに過ぎないと感じました。重要なのは相関関係ではなく、因果関係です。

    データはサンプルの取り方、その環境によって変わってしまうので、データだけで法則性を証明することは
    かなり難しいそうです。ちゃんとした論文を出すには何度も実験を繰り返して因果関係を発見しなければい
    けないし、結果がノーベル賞とか世の中に認められることは、何十年も先のことであり、大変なことです。

    だから、金利と物価の関係を過去のデータを根拠に相関関係だけで持論の正当性を証明しようとする横森さんの
    やり方はかなり安易だと思いますし、理系の方々に失礼だと思います。

    大体、金利と物価の関係を過去のデータをもとにしたチャート等はどれくらいのサンプルデータを取って作られて
    いるのでしょう?データのみを根拠に持論を証明したいならば、「同様に確からしい」と確率が収束するまでの膨大な
    サンプル数が必要だと思うのですが、横森さんのおっしゃる過去のデータはそんなに膨大にあるんですかね?

    実体経済でそんなに大量のデータから証明されている関係性などほとんどないような気がします。

    実際、ノーベル経済学賞は数学者の方が多く受賞されており、彼らは法則性(正当性)を数式で証明しています。
    そのうえで、持論を主張されている方が多いと感じますが、果たして横森さんにそれができるのでしょうか?

  • ラスカル

    2017年9月13日

    >横森さんのおっしゃる過去のデータはそんなに膨大にあるんですかね?
    >実体経済でそんなに大量のデータから証明されている関係性などほとんどないような気がします。

     flashstarさん、本当に最近、言うことの切れ味がシャープやな。www

    >横森発言「過去に起こっていることは、みんなそうなの。。。」

     これには本当に笑ったわ。だってテキトーに言ってんだもん。いかにも完全なるデータサンプルがある様に、自身たっぷりに喋るから、みんな信じてしまうわ。これじゃぁ~、詐欺師と同じじゃんかよ!まあ山一証券時代の営業経験で身につけた、会話テクニックなんだろうけど、ジジババは完全に乗せられますぜ。あの根拠のない自身たっぷり感の喋り方は、本当に完全なるデータサンプリングがあると思い込まされるわ。

  • ラスカル

    2017年9月13日

     今回の横森音声配信を完全に納得、理解、信用してしまった人は、50万円の羽毛布団とか、訳のわからん健康食品を買わされるから、気をつけろよ!

     【宣伝】この羽毛布団でぐっすり眠れて、若返ったというアンケート結果が80%!

     【宣伝】医学博士推奨「わたしもお薦めします、この健康食品」

     【宣伝】「過去に起こっていることは、みんなそうなの。。。」(自信たっぷり)

  • flashstar

    2017年9月14日

    人様のことを批判ばかりしていることは不公平ですので、横森論の金利と物価の相関関係について擁護するため、私の持論を述べさせていただきたいと思います。
    それは、先の関係性についてデータで証明するのではなく、物の価格(企業物価)を会計学における損益計算書で構成されているとイメージで理解して頂けるとわかりやすいと思います。

    横森さんのおっしゃる物価についてですが、例えば企業が商品を販売する場合、金利が上がれば、借金をして原材料を仕入れている企業は経常赤字になるので、それを織り込んで、黒字になるように価格に金利を上乗せするため、商品価格が上がります。反対に金利が下がれば逆の現象が起きます。

    ここで断っておきますが、「金利が上がれば物価が上がる、金利が下がれば物価が下がる」という横森論と私の上記の理論がイコール近くなるための根拠として、商社やグローバル企業の多くが米ドル建てで借金をしている、かつ、貿易決済をドル建てで行っている、すなわち米ドルに依存しているという前提が必要不可欠となります。

    と、横森論を部分的に擁護はさせていただいたものの、「インドネシア「利下げ」は日本経済弱体化の兆し」の話のなかで、新興国で工業化が進んで、自国生産、自国の貿易収支が改善すると物価が安定する。反対に貿易はバランスだから、日本のような先進国は収支が悪化してインフレになりやすい。
    また一方で、インドネシアのような勢いのある国は地産地消のため、物価が安定しやすいとか、経済学の教科書みたいなことをおっしゃっていて、米ドルに経済を依存している国前提でないと、私は横森論を擁護しきれませんw

    国際収支と物価、金利と物価の話をさらっとパラレルに話さないでください。お願いしますw

    横森さん!
    自らの理論を自らの理論で部分否定されていることにいい加減、気付いてください。ある程度、理論と理論は関連付けてお話ししてください。さもないと、あなたの理論でリスナーの頭が混乱してしまいますよ!(もうすで混乱している方が多いと思われますがw)

  • flashstar

    2017年9月14日

    米ドルに依存している

    訂正
    依存尾が高い(完全に依存しているわけではない)

  • ラスカル

    2017年9月14日

     要するに、もうハイパーインフレ来る来る論は、自信タップリに、もう言わん方がええでwwってことで、よろしいか? 5倍のインフレ来る来る!で、ええやん。

  • ラスカル

    2017年9月14日

    YouTube:『カツヤマサヒコSHOW 経済金融評論家・山口正洋 勝谷誠彦 榎木麻衣 3/4』で、

    「なんで不安を煽るのか? 不安産業が儲かるからですよ」

    というセリフには笑ったわ。経済倶楽部も儲けるために不安を煽ってるとしか思えなくなってきたわ、最近。

  • ラスカル

    2017年9月17日

    【北朝鮮ミサイルでも円買い不発 忍び寄る「日本売り」懸念】
    (2017年9月17日:日本経済新聞)

     「会う人みんなに聞かれて参っちゃうよ」。ある日銀幹部は苦笑する。定番の質問は「なぜ北朝鮮リスクが高まると円が買われるのか」。だが最近、アタマの中ではまったく逆の疑問が湧いているという。「なぜ北朝鮮がミサイルを発射しても、円買いが進まなくなってきたのか」

     北朝鮮は15日午前にもミサイルを発射。Jアラートがなり、週初の11日から円安方向に傾いていた円相場は午前7時1分から3分までの間に1ドル=109円55銭まで70銭も円高・ドル安に振れた。だがミサイルが日本上空を通過したのが判明した途端、ミサイルがまだ海に落下していないにもかかわらず円は再び売られ始めた。最近、「有事の円買い」は不発が目立つ。

     一定の言葉に反応するよう組み込まれたアルゴリズムが瞬時に円買いを進めても、そこから投資家がついてこない。度重なる挑発に市場が慣れてしまった面もある。だがこの日銀幹部は「背景に投資家の『日本売り』のような意識があるとすれば、問題は深刻だ」と警戒する。

     北朝鮮を巡って軍事衝突が発生すれば、「円の決済システムに影響が出る事態も想定される」(外為ディーラー)。一方で日銀幹部が心配するような「日本売り」を意識させる出来事もある。ある政府系ファンドの動きだ。

     世界最大の政府系ファンド「ノルウェー政府年金基金」は1日付で同国の財務省に書簡を出し、2兆円余り運用している日本国債を債券運用の軸となる指数から外す考えを明らかにした。書簡は「日本の債券市場は大きいが、流動性に欠ける」と説明する。

     JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジストは低金利に対応した投資先の絞り込みで、日本のみを照準にしたわけではないと解説する。ただ「超低金利で大規模緩和の出口も見えないなか、日本国債は海外投資家にとってリスクとリターンが見合わない」とも指摘。大手投資家が円建て資産から手を引くケースはまだあると指摘する。

     日銀統計を見ると外国人投資家の日本国債への投資は増えている。だが中身が問題だ。国際決済銀行の国際資金取引統計をみると外国銀行の日本支店は海外、主に本店から資金を借りている。その金額は2015年ごろから増え、6月末は計1700億ドルだ。

     日本の機関投資家が海外投資を増やした結果、外貨が不足気味になり、外銀は外貨をより有利な立場で円に交換できるようになった。そこで本国は日本支店に資金を融通し、手にした円を日本の短期債や2年債で資金を転がしている。つまり国債に流れているのは逃げ足の速い投機的な資金。長期投資をする投資家の視界から日本はすでに外れている可能性もある。

  • ラスカル

    2017年9月17日


     やはり推敲を重ねた日経新聞記者の記事だけあって、「横森ハイパーインフレ来る来る論」とは異なり、長期的には円安へ向かう可能性理論はよく理解できるんだが、これからどう理論構築すると、ハイパーインフレに結びついていくのかが、さっぱりわからん。

Leave A Response