第317回収録 人手不足倒産が日本経済を襲う

第317回収録 人手不足倒産が日本経済を襲う

音声ダウンロード(MP3) [8月25日収録]

 

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

8 Comments

  • ラスカル

    2017年8月28日

    【カドカワ、「ニコニコ」でも乗れぬネットの波】
    (日本経済新聞:2017/8/28)

     まさか最終赤字になるとは――。メディアミックス戦略の旗手だったカドカワが苦境にあえいでいる。10日に発表した2017年4~6月期連結決算は最終損益が2300万円の赤字(前年同期は10億円の黒字)に転落した。14年に動画配信サービス「ニコニコ動画」を運営するドワンゴと出版大手のKADOKAWAが経営統合し誕生したものの、猫の目のように変わるネットビジネスの荒波にもまれている。最終赤字の原因は強みであったニコニコ動画と書籍ビジネスの2つ。果たして起死回生の一手はあるのか。

     「ユーチューバー」にはかなわないのか。3四半期連続で有料会員が減少したニコニコ動画の失速の一因はライバルの攻勢だ。07年に始まったニコニコ動画は画面に感想を書き込んで他のユーザーと共有できる仕組みが画期的だった。だが、動画投稿サイト「ユーチューブ」でもリアルタイムに流れる動画に感想を打ち込める「ユーチューブライブ」を開始。人気のあるニコニコ動画の投稿者がユーチューブなどに移り、ファンも一緒に退会する事例も目立つという。有料会員は16年9月末の256万人をピークに、6月末時点で236万人まで減った。

     もちろん、カドカワは手をこまぬいているわけではない。まず、10月にニコニコ動画を刷新する。システムを根本的に作り直しており、課題とされている画質の粗さや再生時の重さを解消するほか「詳細は言えないが、最先端の機能をいくつも組み込む」(川上量生社長)という。

     ニコニコ動画を始めとしたウェブサービス事業は、有料会員の減少と新規の投資負担で4~6月期は7200万円の営業損失(前年同期は4億4800万円の黒字)を出しており、通期でも前期比43%減の16億円の利益まで下がるとみている。

     もう1つの課題の書籍の落ち込みも根が深い。紙や活字離れで、16年の書籍市場の規模は1996年比で3割減、雑誌にいたっては半減している。カドカワは「これほど早い市場の縮小は想定していなかった」と打ち明ける。電子書籍の拡充を急ぐが、紙の落ち込みを補い切れていない。

     切り札は20年に本格稼働する新たな出版工場だ。3000部以上とされる重版の採算ラインが大幅に下がるほか、出版取次を介さず書店に直接配送できるため、需要の取りこぼしが減る。少ない版数でも重版できるため、大量に刷って大量に返品されるという問題も改善するという。

     国内の書籍市場全体の返品率は40%前後が続いている。重版には3000部以上が必要なため、実需以上に本屋に置いてもらい、売れずに返品されるケースが多い。その点、自社工場では書店の要望など実需に基づき必要な分だけ刷れる。会社側は工場がフル稼働すれば、返品率を20%台半ばまで改善できるとにらんでいる。

     また出版取次を介すと書店に届くまで2週間以上かかったが、今後は工場から直接送れる。最短24時間で届くため、販売機会を失うことも少なくなる。会社側は新工場のフル稼働すれば、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)ベースで年間20億円程度、利益を押し上げられると踏んでいる。

     もっとも、カドカワは15年に18年3月期に営業利益を180~200億円に拡大する中期目標を掲げていたが、翌年、計画達成の時期を1年後ろ倒しにした。そして今年には計画そのものを撤回している。それでも会社側は足元の業績の進捗や新サービスの開発状況を「予定通り」と自信を見せる。

     足元の株価はさえない展開が続いている。いちよし経済研究所の納博司首席研究員は「今後の株価は、まず10月に刷新するニコニコ動画の評価次第」と話す。今は雌伏の時なのか、それともさらなる転落の始まりなのか。その答えはまもなく出る。

  • ラスカル

    2017年8月28日

    >「ユーチューバー」にはかなわないのか。3四半期連続で有料会員が減少

     ここ1年間のYouTubeのコンテンツの中身の向上は凄いもんな。3年前のくだらないコンテンツのオンパレードとは雲泥の差ですわ。無料だから大した情報ではない、情弱だとか言っている横森さんの有料会員コンテンツの上をいくものも、いっぱいありますがな。

     有料月額3000円とか有料年額50万円の会の、無料メルマガ(登録者が増えるとオイラが困るから教えないよ!)なんか、経済倶楽部から得られる情報(セミナーを含めたもの)の遙か上を行ってますぜ。無料だから情弱になるなんていうのは、ウソですぜ。

  • ラスカル

    2017年8月28日

     そんじゃ、そういった凄い無料メルマガを見つけるために、ビッグキーワードで検索を掛けても、メジャーな有名メルマガしかヒットしない。そういうメルマガには無駄ではないけれども、大した内容は書かれていませんわ。凄いメルマガって、本当に読者数が少ないマイナーメルマガですわ。

     ではどうしたら、そういう凄いメルマガに出会えるかっていうと、ネットのSNSや掲示板みたいな安直な方法では無理ですわ。金融とスピリチュアル系の両方の話が好きな、事業がうまくいっている社長さんに教えてもらうのが一番ですわ。金融や投資の話は好きだが、スピリチュアル系の話がチンプンカンプンの人は、ギブ&テイクや徳分の観念がないから、自分だけが美味しい思いをすることしか考えていない人が多く、まず教えてもらえないし、逆にこっちの情報だけを得ようと画策するから、無駄ですわ。

     たとえ無料メルマガであっても、貴重な情報は「何度も会って、何度も雑談して、今まで気づいていなかった視点や解釈が、その人のお陰で出来た」ときに、雑談の中で教えてもらえるんですぜ。会って話をしていても、つまらない奴、何も得られるものがない奴には教えてもらえませんぜ。

     経済倶楽部にも占い師さんが結構いるみたいやし、金融の知識もある程度ある人も多いだろうから、お客さんの中で「金融とスピリチュアル」の両方の話が好きな、事業がうまくいっている社長さんには、今後は何度も食事を一緒にしながら、占いでも無料でしてあげるこったな。

     でもねぇ~、占い師とかスピリチュアルカウンセラーって、絶対に自分の知識は誰であっても、無料じゃ教えない人が大多数なんだよねぇ~。相手が金を持っていそうな場合ほど、「これ以上は追加料金を払ってね」っていうスタンス。だから成功者とは大して親しくなれない。

  • ラスカル

    2017年8月28日

     まあオイラの武器は、「医学知識と金融・経済とスピリチュアル系」の話が、ごちゃ混ぜで深いトークが出来ることやな。だから通常じゃ親しくしてもらえない様な人物とも、親しくなれる。

     小崎さんも似たようなもんやな。このあいだのFPの人への小崎アドバイスも、「FP以外の専門知識を学べ」だったろ。1つだけのアイテムを100の深さまで極めるよりも、70までの深さのアイテムを3つ以上持っていた方が強いんですぜ。

  • 蝸牛の資金力

    2017年8月28日

    ラスカルさんのコメント勉強になります。m(_ _)m

  • ラスカル

    2017年8月29日

    >蝸牛の資金力 様

     お褒めのお言葉、ありがとうございます。でもラスカルコメントを読みすぎて、ラスカルさんの言うことだけを妄信しないように。横森さんの音声だけを聞きすぎると、横森教妄信・狂信者になってしまうのと同じ原理やで。

     一つの教義だけを繰り返し洗脳され続けると、「その教義に従う者は救われる」という選民意識が芽生え、「その教義に従わない異教徒は、不幸になる、将来は悲惨な人生を歩むようになる」という排斥意識も生まれる様になるんやで。でもそれだと、人生がなぜか裏目・裏目に出ることが多いから要注意な。

     「0か1か」「白か黒か」ではなく、「0でもあると同時に1でもある」「白であると同時に黒である」という多重意識を意図的に作り出すと、人生がスムーズに運ぶようになるし、心も楽になるぞ。この2重意識、多重意識っていうのを維持するのは最初は難しいが、意図的にその意識を保とうと訓練していくと、感覚が掴めるようになる。

    「横森ファンであると同時に、ラスカルファンでもある」
    「横森説もある意味正しいが、ラスカル説も同時に正しい」

     自分の未来や意識・観念を固定化せずに、この多重意識というテクニックを身につける努力をすると、ラスカルさんのいうオカルトテクニックが何となく理解できてくるぞ。あとは自分で応用力を開発していけば、横森さんやオイラの説に頼らずに、自分の力で人生を切り開いていける。

  • 蝸牛の資金力

    2017年9月2日

     ラスカルさん貴重な御意見痛み入ります。
     妄信は甘えカモしれません気をつけます。
     ∠(`・ω・´)

  • ラスカル

    2017年9月4日

    >蝸牛の資金力 様

     みんな「最大、最高」=「最適」だと勘違いしているからね。

     ある人物の主張、説がその人にとって、「最大、最高、最適」であったとしても、それを聞いている人にとっては「最大、最高、でも最適ではない」かもしれないんだ。人それぞれ「最適」は異なる。また同一人物でも時期によって「最適」というものが違ってくる。

     プロの料理人にとって5万円の刺身包丁は「最大、最高、最適」であるかもしれないが、小学2年生の娘が、母親の料理を手伝うのには「最適」ではない。

     横森説が「最適」である人もいれば、ラスカル説が「最適」である人もいる。同じ人物でも、現在はラスカル説が最適だが、5年後には横森説が最適な人もいる。

     この「自分にとっての最適」という観点が抜けている人が非常に多いんだ。みんな学校の先生やマスコミ、メーカーのCMによって、それが最適だと思い込まされているせいもあると思うんだ。

     「自分にとっての最適」から乖離すればするほど、人生がうまくいかなくなったり、心が病んでしまう人が多いからな。

     だから一つの固定した意識だと、将来の自在性がなくなるって、何度も力説しているのはそのためなんだ。

Leave A Response