第314回収録 支持率低下の安倍総理は乗り切るか?

第314回収録 支持率低下の安倍総理は乗り切るか?


音声ダウンロード(MP3) [7月27日収録]

 

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

8 Comments

  • ラスカル

    2017年7月31日

    【朝日新聞記者ツイッターの「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表…」 リツイート表示がなかったため炎上 記者「私の意見ではない」】
    (2017年7月30日:産経新聞】

     朝日新聞文化くらし報道部の記者のツイッターに「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表」などと書かれた投稿があり、ツイッターが炎上、記者は「ネットメディアの記事の1つとして紹介しただけ。私の意見ではない」などと追記する騒ぎがあった。

     投稿は7月28日。「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表!2017年もコイツらには要注意」と投稿された。

     このツイートに対し、批判が殺到。数例を列記すると「失礼ながら、品位の欠片も無い文章ですね。流石、朝日クオリティ」「皆さん読んであげてください。これが朝日新聞記者サマのお言葉です。いくら私人・捏造新聞社とは言え、少なからず社会に影響力のある記者。まさに反日左翼御用達 朝日クオリティ」「さすが朝日新聞記者、レベルが低すぎますね。自分らと意見が違うだけで政権の犬扱いして本当にバカみたい」「おまえたちの方がデマばっかり吹聴してるじゃん。珊瑚とか慰安婦とか」などと過激なツイートが殺到した。

     これに慌てたのか当該記者は「ネットメディアの記事の一つとして紹介しただけです。わたくしの意見という意味ではありません。『コイツらには要注意』などの言葉は元のサイトの言葉がそのまま載ってしましました。失礼しました」「大変失礼いたしました。わたくしの文章ではありません。リテラのサイト内のツイッターで紹介するボタンを押したら、リテラの見出しがそのままわたくしのつぶやきのように載ってしまいました」「失礼いたしました。ウェブメディアの一つとして紹介するつもりが、リテラの見出しがそのままわたくしのつぶやきのようになってしまいました。多様な意見の共存は何より重要だと考えております」とツイッターに立て続けに投稿。自分の意見ではなく、インターネットメディア、リテラの記事の表題を示したものだと説明した。

     実際、リテラはそのような記事を掲載しており、記者が見出しを引用したようだったが、「リツイート」との表示がなかったため、朝日記者のつぶやきと誤解されたようだ。

     だが、「炎上」は収まらず、「おまえらが普段言ってる責任取れよ!」「おまえらみたいなのを何て言うか分かるか?マ ス ゴ ミってゆーんだよ!」「見苦しい奴だな」「謝っても批判される気分はどう?」「なるほど。さすが朝日記者。常に責任回避を考えているのですね」などと辛辣なコメントで今もあふれている。

     問題のリテラの記事は、「昨年は古舘伊知郎が、ニュース23では膳場貴子と岸井成格が、クローズアップ現代で国谷裕子が番組を降板するという異常事態が起こった」(要旨、リテラ記事中でも敬称略)として、報道を機能不全に陥らせている元凶とも言うべき「安倍アシスト隊」としてジャーナリスト、文化人を順位をつけて紹介している。ちなみにベスト3(リテラにとってはワースト3?)は1位田崎史郎2位山口敬之3位松本人志の各氏。

     リテラによると、田崎氏は保育園不足をお受験問題と意図的に混同しすりかえるデマ発言が特徴、なのだそうだ。

  • ラスカル

    2017年7月31日

     もう全員がスマホを持っている時代だから、マスコミが一方的に流すニュースに同調しなくなってきてるんだよねぇ~。いい時代になったもんだ。

  • ラスカル

    2017年7月31日

     今みたいに全員がスマホを持っていなくて、旧式のガラケーじゃアクセスできる情報には限界があって、結局はパソコンを持っていて、かつ姑息なSEOテクニックがあった人だけが、自分なりの情報発信で、その情報に対する信者を集められたんだよねぇ~。

     今じゃ全員がスマホ持ちで、スマホ1台で何でも出来ちゃうし、情報発信者にも簡単になれる。はっきり言って、大してネットの技術や知識がなくても、情報発信者になれちゃう時代。グーグル様も姑息なSEOをやらかしている奴は排除して、コンテンツ重視の検索順位表示。

     要するに技術革新と進化が進めば進む程、「いつでも、どこでも、誰でも、安く、簡単に」に収束していって、持っていることの優位性、知っていることの優位性っていうものだけで、勝負できなくなってしまったんだな。

     誰でも高校や大学に行けて、エアコン・テレビ・洗濯機・電話・屋内風呂・水道・電気・トイレがどこにでもあって誰でも持てて、格安で飛行機に乗れて、いつでも誰でも公平に病院にかかれる。もう日本人相手に商売するよりも、フィリピン人みたいな、まだ自分が優位に立てる環境で勝負した方が、簡単に勝てていいかも知れんな。まあ、ゆとり世代にはフィリピンみたいな生活環境には、すぐにギブアップすると思うが。

  • Calgary

    2017年7月31日

     私は暑いところは苦手なのでフィリピンにずっと暮らすということではできませんが、フィリピン株式投資なら、今は日本にいながらそれこそスマホで売買ができます。日本と違って、フィリピンは今もそして今後も人口とGDPの両方が確実に増加していくわけですから、株価もバフェット指数に比例して上昇していく方が自然でしょう。
     何故、ここで推奨されないのか、不思議ですね。

  • ラスカル

    2017年8月1日

    >フィリピン株式投資

     このコメントで横森さんが発狂するのはわかっているが、キャピタルゲインの20%源泉徴収だけで済む、フィリピン株が買える、評判の「日本のネット証券会社」を教えておくれ。www

    >何故、ここで推奨されないのか、不思議ですね。

     価格の変動リスクwww

     まあ人生そのものが、変動リスクに晒されて、変動リスクに慣れてしまったから、変動リスクなんかど~でもいいんだが。だから横森発言そのものの変動リスクも、へーきへーき。

  • ラスカル

    2017年8月1日

     商売でも進学でも就職でも結婚でも、人生って変動リスクだらけなんだが。。。

     まあ変動リスクを避けてばっかりいる人生を歩んでいる人も多いが、社会的地位も収入も頭脳の出来もショボイ奴らばっかりやな。話していても面白くない奴らばっか。

  • Calgary

    2017年8月1日

    >キャピタルゲインの20%源泉徴収だけで済む、フィリピン株が買える、評判の「日本のネット証券会社」を教えておくれ。www

     フィリピン株式の場合、sales taxとして売却金額全体の0.5%とられます。日本のように譲渡益税をとられることはありません。しかしながら、配当に関しては、私のように永住ビザもない日本人の場合、30%とられます。結局、これらの現地税や日本での税金をまとめて確定申告での外国税額控除で調整することになるかと思われます。私は売買や配当をすべて日本円換算も含めてエクセルで記録しています。
     日本に拘るなら、アイザワ証券でしょうね。私は以前ここにも登場された石川さんが斡旋しているYapster e-tradeを使っています。とはいえ、これはあくまで私も自己責任でやっているだけです。私が他人に紹介して何かあってもそこまで責任はとれないというところでしょう。ただ、以前ここは石川さんを紹介したわけだから、今回もそういうことがあってもおかしくないと思っただけです。

    >価格の変動リスクwww

     勝手に思っていることなのですが、今後、オタクというか極端な場合はキモヲタであっても、自身の持つ特殊な能力で結構それなりに稼ぐ機会は増えるではないでしょうか。平均からみて標準偏差の2倍3倍程度外れているような人達にとっては変動リスクはチャンスにもなり得るかもしれませんね。今後、こうした人達が結構女性にもモテるのではないかと私なりに予想します。

  • ラスカル

    2017年8月2日

    >日本に拘るなら、アイザワ証券

     メジャーどころの証券口座はいくつか持ってるんだが、さすがにアイザワ証券の口座は持ってね~わ。でも源泉分離課税で申告不要な点が、国内証券会社のメリットやな。海外口座だと全部記録を取って、為替計算までして日本円の収益計算して、しかも雑所得の総合累進課税やろ。メンドクセーな。しかも海外口座の収益申告なんかしてたら、税務署にロックオンされてしまうやないけ。

    >変動リスクはチャンスにもなり得る

     確かにチャンスは変動リスクにしか乗ってこないんだよねぇ~。

Leave A Response