質問906 20歳の息子は年金は払うべきか?

【質問】息子が20歳となりましたが、学生のため国民年金の支払い猶予を申請しております。
 現在、現金資産もあり支払う余裕がありますが、今後の年金が崩壊することも踏まえ、このまま支払い猶予を続けるべきでしょうか。
それとも、リスク分散のため今から支払いを行うべきでしょうか。

質問906 20歳の息子は年金は払うべきか?

音声ダウンロード(MP3) [7月2日収録]

 

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

8 Comments

  • ラスカル

    2017年7月18日

     合理性だけを追求して、学生なのに障害者になって、障害年金を貰えなくて裁判までして負けて、ギャーギャー騒いでんのがいっぱいいるけどな。火災保険に入ってない人に限って火事になったり、任意保険に入ってなくて人身事後や踏切で電車に激突とかと同じやな。神様って面白いほど、盲点をついてきて、人生が苦しむように誘導してますわ。

     年金が崩壊したって完全崩壊なんかはしないから100%減価とかじゃなくて、30%の受給権があればマシ。また法律上の破産をしても将来の年金受給権までは剥奪されないし。それに現在20歳ってことは、年金の受給開始である45~50年後の日本は、何らかの経済復興してるかもよ。

     人生なんて数学的な計算通りにはいきませんわ。自分が死んだ後に、自分の子供がどういう人生を歩むかなんて予想はつかないが、親として子供にしてやれることは、しといてあげといた方がいい。目先の損得ではなく、自分の子供が学生時代に、障害者にならないようにするためのお守りよ。また将来、老後に一文無しにならないための、運命学的なお守り。合理性だけを追求すると、非合理的な何かが人生に起きてしまうのが、この世の面白いところよ。

  • ラスカル

    2017年7月18日

     ああ、そうそう。学生で年金を払ってなくて障害者になって、「猶予で国民年金を支払ってない人は、障害年金が貰えない」って教えてくれなかった政府が悪い、だから障害年金をよこせって、国を相手に訴訟した奴らがいて、ものの見事に敗訴よ。ww

  • ラスカル

    2017年7月18日

     人生って「どっちが得か?」の選択だけを選んでいても、なぜか不測の事態とか、自分が望んだ逆の現象が起きやすいんだよねぇ~。たまには「損するかもしれないけど、どっちにしろ子供のためだから、まっいいか!」という選択というか、思考をしてみた方が案外うまくいくぞ。

     くじ運が悪い人は、好みじゃない選択をした方が、当たりを引く可能性が高い。まあ人の縁もクジみたいなもんで、ロクでもない縁が多い人は、好みじゃない外見や性格の方をを選んでみるのも、悪縁集団から脱出する切っ掛けになるかもしれんぞ。

  • ラスカル

    2017年7月18日

     あらかじめ言っておくが、オイラの意見が正しいとか、横森さんの意見が正しいとかってないよ。学校の入試問題や資格試験問題と違って、正解は一つじゃない。大学の定期試験や司法試験の論文試験、入社面接試験と同じように、正解なんて無数にある。入試問題や高校までの定期試験などは、採点を短時間でしやすくするためと、採点基準の公平性が求められるから正解が一つってだけ。

     自分にとって「子供の将来の何が大事か」の基準が変わるだけで、正解はいくつも存在する。あと年金を収めることによる社会保険料控除もあるから、収入が高いほど節税効果は大きくなる。

  • ラスカル

    2017年7月18日

     まあ非合理の最たるものの代表は宗教やな。日本人ならお盆にお墓参りして、S価学会は日蓮様と池田閣下を信奉し、中東をはじめマレーシアやインドネシアなどの「豚は食うな」「ラマダン断食で日没まで水も飲むな」「酒を飲むな」「不倫エッチの女性は鞭打ち又は死刑」「信仰を辞める場合は命で償え」の宗教とか、イエス様とか、ガネーシャ様とか、地下鉄にサリンを撒いちゃう尊師様とか、大怪我で大量出血でも輸血はダメよの証人とか、中絶はダメよとか、合理性では理解できないものばかりやで。

     親の子供に対する愛情も、まあ宗教みたいなもんや。思想・信条・信念・情念に関するものは、広義解釈の宗教やな。オイラの友達が2年数か月しか生きないハムスターが骨折して、動物病院に連れていき治療代1万円を支払っていたよ。「980円で新しいハムスター買えよ!」っていう金銭的合理性のアドバイスはできませんわな。

     神社の玉垣や神輿(みこし)、本殿改築費用の寄付金がスグに集まるのも、合理性だけでは割り切れない個々人の感情があるからなんやで。

  • neko

    2017年7月19日

    >ラスカルさん
    有難いコメントを頂き感謝いたします。

  • ラスカル

    2017年7月19日

    >nekoさま

     まあ横森さんの合理性の話と、オイラの非合理性の話を自分の頭の中で融合させて、子供にとって一番いいと思う選択をすればええんちゃう?

     どうせ、たった一つの正解なんてないんだし、親バカならば、親バカとしての結論を出せばいいよ。ちなみにオイラが学生時代に、オイラが「年金なんて、将来どうなるかなんてわからないから、そんなもの納めなくていいよ」と親に舐めたクチを叩いていたのだが、親バカである母親が勝手に年金を納めていた。今では、母親がどういう気持ちで勝手に年金を納めていたのかが、涙が出るくらい良く理解できる。

     親バカでええんちゃう? クズ親DQN以外は、ほとんどの親は、「スーパー親バカ」よ。

     自分がもうこの世にいない50年後のことなんか、正確に予想なんかできないわな。年金なんか納めずに、そのお金を自力年金の資金に回してもいいけど、50年後には横森さんはこの世にいないし、息子が破産して、破産管財人に全財産を処分されてるかもしれん。でも将来の年金受給権は破産しても差し押さえの対象外。

  • neko

    2017年7月19日

    >ラスカルさん
    親バカとなり、息子にはささやかですがお守りを、わプレゼントするつもりですよ。
    ラスカルさんも横森さんも、結局、同じ事を別の視点からアドバイスしてくださったと認識しております。
    むしろ、お二人のご提案の両方を実施しても問題なしです。

    何も悩む必要のない低次元のご相談にアドバイス頂きありがとうございました。

Leave A Response