フィリピン国債の買い方とリスクを教えてください

フィリピンで10年物長期債券(RTB、国債)を発行した。額面発行利回りは3.5%とありますが、どうやって買えばいいのでしょうか?
買うタイミングはいつでしょうか?
リスクについても教えてください。

フィリピン国債の買い方とリスクを教えてください

音声ダウンロード(MP3) [9月16日収録]

———————–

 

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

About The Author

小崎

経済倶楽部の管理人です。

3 Comments

  • ラスカル

    2016年9月27日

    コピーライター糸井重里「今日のダーリン」より
    (2013年10月10日)

    後から参入する者に、場所なんか空いてないのだ。
    空いているとしても、最悪の場所だけだ。
    前々からそれをやっている者が、
    めんどくさいから手を付けてない場所が、少しだ。
    それが、いつも当たり前のことだ。

    新しいなにかが生まれるのは、
    場所なんかもらえなかった者たちが、
    苦しまぎれに、「これしかない」とやったことからだ。
    「少しだけ、空いてる場所を分けてください」と、
    平身低頭してお願いしているうちに、
    時間はどんどん過ぎていくし、
    いい機会も得られないままになる。
     
    鉄道をひけなくても、自動車があった。
    映画をつくれなくても、テレビがあった。
    大きな舞台はなくても、小劇場があった。
    大きな同業者組合ができているようなところに、
    新しく参入することを歓迎してもらえるのは、
    「これまでの権利を脅かさないやつ」だけかもしれない。

    場所なんか空いてると思わないほうがいいのだ。
    居心地の悪い、座ればけつの痛くなるような荒地だけが、
    新しい人びとがスタートを切れる場所だ。
    おそらく、道具も揃っちゃいないし、
    誰もが認めるすばらしい人なんか集まることもない。
    しかし、そこが、場所なのだ。

    若い人に言うことは、じぶんに言うことでもある。
    あなたにも、ぼくにも、
    用意された場所はなかったはずだし、
    周到に計画された図面なんてものもなかったと思うのだ。
    次の時代は、いつでも、
    場所なんかなかった者たちの場所からはじまっている。
    道具がなければ、じぶんでつくる。
    人手が足りなければ、寝ないでもがんばる。
    そういう古臭い冒険心みたいなものが、肝心なのだ。

    「どこにも場所が空いてない」ということは、
    いつも、新しいなにかの出発であった。

  • ラスカル

    2016年9月27日

     まあ確かに場所なんか、空いてないわな。

    「ここが空いてるよぉ~、このビジネスに出資しませんか~」って向こうから近寄ってくるのは詐欺師ばかり。

     誰かが経済倶楽部と同じスタイルのサイトを作ったところで、2番手のマネっ子でしかないから、場所なんか空いてましぇ~ん。

     オイラも、たまたま空いていた場所を見つけたが、共同ビジネスパートナー企業の社長以外には、家族といえども誰にも話してましぇ~ん。割り込み、横取りなんか、自分に近い人物からの情報漏れで始まるからな。

  • ラスカル

    2016年9月27日

    >大きな同業者組合ができているようなところに、
    >新しく参入することを歓迎してもらえるのは、
    >「これまでの権利を脅かさないやつ」だけかもしれない。

     なんか医療業界そのままやな。あと政界も。大学などの学術・アカデミック業界もそうやな。

     スマホなんか、すげ~と思うわ。新しく場所を作っちゃったもんな。

Leave A Response